January 25, 2007

NIC入学希望理由書 - 京都府・私立高校出身○自己推薦入試

わたしは、高校生になった頃から経営学や企業心理学などにすごく関心を持っていました。そして、その頃には経営学に関する資格について調べていました。図書館で様々な分野の資格が掲載されている本を読んでいました。その中の経営学の分野にMBAという資格がありました。MBAというのは、経営学修士号という学位で、アメリカの経営学の大学院を卒業すると同時に与えられるということを知りました。そのことを知ったとき、わたしは大学院に留学したいと思いました。

わたしは、洋楽を聴いたり、洋画を観ることなど英語自体は好きなのですが、勉強することは少し苦手です。それから、高校二年生になって修学旅行でオーストラリアに行きました。色々なところに行きましたが、色々な所でワーキングホリデーで仕事をしている日本人が沢山いました。働いている人たちを見てすごく楽しそうに仕事をしているような感じが伝わってきました。わたしも外国で英語を使うような仕事をしてみたいと思いました。そして、修学旅行中の二日間だけホームステイという形で現地の人と一緒に過ごしました。うまく会話をすることが出来ませんでしたが、いつかたくさんの人とコミュニケーションをとっていきたいと思いました。また、語学だけでなく、文化などにも深く触れていきたいと思うようになって大学から留学して様々な経験をしていきたいと決意しました。

オーストラリアから帰ってきて大学から留学するにはどうすればよいか調べました。そのために、アメリカの短期大や四年制大学の資料請求もしました。そして、インターネットで調べていたとき、貴校のことを見つけました。すぐ資料請求をして資料を読みました。読んでいたらすごく気になり、その年の夏休みに学校説明会を聞きに行きました。行くまでのわたしは、挫折して後悔する事ばかりでした。話を聞いたり資料を読んで、今までの生活よりもすごく大変そうだなと感じました。ですが、楽なことばかり考えていても夢を掴むことはできないということも考えさせられました。そして、学校紹介ビデオを見たら皆さんがすごく楽しそうに勉強している授業風景を見たとき、僕もこんなに楽しそうな授業だったら勉強を頑張ることができると思います。それに苦しいことも笑顔で挑戦すれば乗り越えられるものだと思います。貴校に入学すれば毎日すごく大変なのかもしれませんが、諦めず頑張っていけば様々な可能性が見えてくると思い貴校を希望しました。そして私は人間性や精神的な面も成長させていきたいと思っています。党に、貴校希望している方達はみんな強い意志や目標を持って入学を希望していると思います。その中で負けないような強い意志と目標を持ち、互いに気持ちを高め合えるような仲間を作りたいと思います。

Posted by ktukjp at 10:42