January 30, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県私立高校出身○特別奨学生入試

私がNICを希望し関心を寄せているのは、日本の学校で他にはない授業形態があるのが大きな理由の一つです。日本語厳禁英語だけの授業。私が求めていたものがNICにありました。英語を英語で勉強するのは当たり前、英語以外の教科も英語で勉強できるのは魅力的です。言うまでもなく、私は英語が大好きです。NICの厳しい授業・課題で鍛えてもらうのが楽しみです。

英語を学ぶ目的として外国の大学で通用する英語を習得し、英語で他の言語を勉強することです。3つの言語を使いこなすのが私の将来の夢の第一段階です。

将来の仕事に言語を生かして言語を教える仕事に就きたいと考えていますが、これが私の本当の夢ではありません。私の本当の夢は、聖書を多くの言語で読み、多くの言葉で述べ伝えることに人生を費やすことです。聖書という書物は日本語で読んでも大変難しいものです。同じ表現を英語で読むことによって理解が深まることが多くあります。在日外国人への宣教活動も英語や他の言葉でできるのを楽しみにしています。毎週行われている在日外国人のための聖書を学び、研究する場、英語会などに出席し、英語に少しでも触れています。

私は一般の人とは違った大きな目的、夢を叶えるために、NICの授業と留学実績が必要です。他の中途半端な大学の外国語学部では留学から十分な益を得ることができません。

NICの授業と他大学との決定的な違いは授業のスタイルつまりNICの欧米スタイルの思考力・表現力を養い身につけること。このスタイルは本当に魅力的です。日本の大学にいくら通っても身につかない要素。これをNICで身につけます。そして他大学での留学で大きな問題点である、教育方法の違いを解決することが出来るという大きな魅力がNICにあるのを知りました。更に授業の内容だけでなく、生徒自身の学習意欲の高さもNICの魅力です。NIC生の平均勉強時間5時間と聞き驚きました。勉強とは自分自身でやることですが、仲間の影響は自分を大きく左右します。この数字には本当に励まされ、NICに入学したいと強く動かされました。課題の多さも私にとってはNICの魅力の一つです。実際に今NICに通っている友人からも話を聞いたりと、現役生の評判にも動かされました。

しかし、そうした数多くの魅力に必ずついてくる、学ぶ厳しさがあります。そうした厳しさでさえも楽しみに変えることの出来るNICに入学を希望します。


Posted by ktukjp at 13:52