February 01, 2007

NIC入学希望理由書 - 愛知県私立高校出身●AO入試

私がNICに入学したい理由は三つあります。
 一つ目は、一年しっかり自分を試しながらアメリカの大学の勉強ができるからです。私は高校3年生をオーストラリアに留学して過ごしました。帰国してすぐに私は先生や周囲の人に直接海外の大学に行った方が、英語力も低下しないし、日本の生活のリズムに戻らないからいいといわれました。
 
しかし、約1年海外で生活してみて自分の英語力のなさを知りました。物理や歴史のクラスでは、専門用語が飛び交い理解できず、リベートのときには聞くことで精一杯でした。そんな状態の私が直接海外の大学へ行って、参加型の講義についていけるのか不安になりました。その点NICは、1年間の間にアメリカの大学で学ぶ為に必要な語学力や、学習スタイルを身につけることができると思ったからです。

二つめは、入学可能な大学の数です。私はまだ将来何になりたいのかがはっきり決まっていません。今もパイロットとホテル学と、どちらが自分に向いているのか決めかねています。今から一年間勉強していくうちに自分の進む方向が決まれば、ホテル学ならばネバダ州立大学、パイロットならば航空学の施設が整っている大学と、NICならばそのときの自分にあった学校が選べると聞いたからです。

三つ目は、NICのサポート体制の良さです。実は私がオーストラリアの高校に留学したのは、パイロットになるには英語力が不可欠だと思ったからです。日本の大学でパイロットになれる学部ができ、その入試に英語面接があるため、英語を母国語としている所で自分の英語力をつけようと考えたからでした。ところが、日本の大学では身体検査の中に矯正視力の規制があり、私では入学できないことがわかりました。留学先でその事実を知り落胆し、自分はこの先どうしようかと悩みました。幸い、ホテル学という分野があることを知り興味が持てましたが、パイロットになれないという悔しさがありました。

その後、日本に帰国した私は、NICを両親と共に訪れました。そして、NICの方が私がパイロットを諦めたことを覚えていてくれて、アメリカならば日本ほど矯正視力に規制が無く、私でもパイロットになれると調べてくれたのでした。諦めかけていた夢が叶えられるかもしれないという喜びとNICのサポートのよさに驚いた一日でした。また、その日は、私一人の為に学校を隅々まで案内してくれた対応、そのときに会った在学生の生き生きとした姿に、ここで勉強したいと思いました。

以上の理由から私はNICに入学して、同じ夢を持った仲間と共に、自分の決めた目標にチャレンジしていきたいと思います。

Posted by ktukjp at 15:26