February 01, 2007

NIC入学希望理由書 - 愛知県私立高校出身●特別奨学生入試

私がNICに入学を希望する理由は、小さい時から外国に興味があったからです。テレビやラジオ等で海外のニュースやスポーツを見ていた時に外国語を日本語に通訳している人を見ていた時に外国語を日本語に通訳している人をみて日本語以外に話せる言葉があれば外国に行ったとしても現地の人と話をしたり、コミュニケーションができることがいいと思いました。

高校3年生の部活中に、海外の有名なサッカーコーチが来日していて教えてもらう機会がありました。コーチは通訳を連れてきておりその人がいないと言葉が理解できないのでサッカーを教えてもらうことができなかったです。言葉の重要性を更に認識しました。また、中学1年生の時にアメリカにホームステイをする機会がありました。そのとき私はアメリカのイメージは拳銃を誰もが持っていて撃たれるから怖い、ニュースなどで感染症など様々な病気があると報道していたのでアメリカには行きたくないと思っていました。しかしせっかくの機会を無駄にしたくなく小さいときから興味があったので、何事にもチャレンジすれば経験になると思いました。

英語は中学で勉強していたので少しは通用すると思っていました。実際アメリカに行ってみると私が持っている英語は全く通じませんでした。英語が通じず本当にショックでホームシックになりかけていました。しかし自己紹介は練習していたので言葉が通じ、その時、言葉は大切と思いました。日が経つにつれて単語が理解できるようになり、言葉が通じる嬉しさを知りました。アメリカの怖いイメージはなく人々がとても自由にして時間を気にせずに生きていると思いました。アメリカに行き、言葉の大切さを知り、世界共通語の英語を将来勉強し世界に通用する人となりたいと思いました。

私がこのような経験があり、海外にとても興味を持っていて英語を話せるようになりたいと思っていますが、やる気だけでは負けないのですが、英語力が無いのです。英語の勉強をする学校を探していて、NICの情報を知った時はすぐに入学を決めました。なぜならNICを卒業して社会人として働いている先輩から直接話を聞けたり、授業中英語のみのルールなどたくさん厳しい環境があります。私は海外にいたとき周りに日本語を話す人がいなかったので頼る人がいなく、私一人の力だけで言葉を身につけなければいけないという厳しい環境だったからこそ単語を認識できたりしたと思います。夏期講習を受けたのですが、日が経つにつれ英語に慣れ、徐々に耳に入るようになっているのが分かります。

私の夢はまだ決まっていないので、NICに入ってから決めたいと思っています。強いて言うとサッカーをやっていたので、スポーツトレーナーに興味もあり、NICの先輩でプロサッカーチームで仕事をしている方もいらっしゃいます。英語を勉強し外国で身につけられる技術を身につけ、世界で通用する人間になりたいです。

Posted by ktukjp at 14:00