December 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 京都府・市立高校出身○自己推薦入試

私が「NIC International College in Japan」を選んだ理由は、進路を考え自分の将来を考えていくうちに、進路を考えたり自分の将来を考えていくうちに、「このまま、日本の大学に何も考えずに行ってもいいのか。」と疑問を抱き始めたのがきっかけです。当初、私は日本の大学に進学するという事しか考えていませんでした。しかし、どこの学校のガイダンスに行っても、私がいきたいと思える大学はありませんでした。何より行った大学でミニ講座が、すべて受身の授業であったことが衝撃でした。なぜなら、大学に行ったら、自分の意見を発言する方が多いと思っていたからです。

私は演劇(演技)について勉強したいと思っているのですが、日本の大学は大学の数に比べて演劇を教えてくれる学科はほんの少数しかありません。そこで「留学」という選択が浮き出てきました。単に語学留学となると、日本の外大でよかったのですが、演劇を学びたいという意志は変わらず、それならば「正規留学」しかないと思いました。そう思いつつも、何とか日本の大学で行きたい場所がないか探しました。なぜそんなに日本の大学にこだわったのかというと、私は母子家庭であまり裕福とはいえません。しかし、一度「留学」という言葉が出てきた時点で私はもう後戻りできないくらい、頭の中にその言葉が広がっていっていました。それに気付いてから、お金の事も含め、どうしたら正規留学に近づけるかを考えました。そして、ネットや進学情報誌をフルに使いながら探しました。

私の家には、たくさんの留学機関のパンフレットが送られてきました。だいたい、どこのパンフレットも似たり寄ったりでした。本当に困っていました。そのような中、私の家に一つのパンフレットが届きました。それは、輝きを放ちながら、私の元へ舞い降りてきたようでした。それが、NICのパンフレットでした。それは、ページをめくればめくるほど、眩しさがまし、ずっしりと重いもののように感じられました。なぜ、眩しいと重いという相反する言葉を感じたのか。もっとも眩しさを感じたのは、先輩方の書かれた「My Mission」でした。一人一人、いろいろな夢を持ち、それに向って頑張っている姿、そして叶っても尚、新しい目標を持ち、前に進んでいる生き様に感動しました。本当に一人一人輝いていました。それと同時に感じた重いものは不安です。このように眩しさを感じられるのは、それだけの努力を今までしてきたからだと思います。果たして甘ったれな自分に、それができるだろうか。しかし、甘ったれのまま、人生をずるずると送りたくはありません。新しい自分に変身するために、そして飛び立つための長く険しい滑走路に「NIC」を選びました。

Posted by ktukjp at 18:35