December 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 東京都・私立高校出身○自己推薦入試

私は将来、海外で日本語教師として働くことを夢見ています。海外で教師になるには、その国の大学を卒業し、教員免許を取得する必要があることを知り、教員免許を志望校にすることを決めました。そう考えるようになったのは、中学生の時、英語の授業で、クラスメートの前で教科書を音読するテストがあり、読み終えた後に送られた拍手が、私に自信を与えてくれ、英語が好きになりました。それから、高校一年生の時、初めての海外生活となったオーストラリア語学研修に参加し、英語による会話はもちろん、現地の人たちとの交流、大自然に魅了され将来は海外で働きたいと思うようになりました。

私は、教える事が好きです。分からないところを聞いてきた友達が理解してくれた時に、私も役に立てたのだな、と嬉しくなり、自信がもてるからです。そして、何かを教えるとしたら、母国である日本を教える、日本語教師が良いと思いました。日本語教師という職業は、生徒に英語で日本語を教えます。中には、心に悩みを抱えた生徒、体に何らかの障害のある生徒にも接する事になるでしょう。生徒の気持ちに近づく事が大切です。私は大学で、手話を学び、コミュニケーション力をつけ、多くの生徒が楽しんで受けられる授業にしたいと思います。

数ある留学機関からNICを選んだ理由は、NICの授業は魅力的ということです。少人数による英語だけの授業スタイルで、ネイティブの学生と同じレベルで会話できる英語力が身に付くところです。また、周りのことを気にして構えてしまう授業ではなく、自分でよく考えて、素直に自分を表現できる授業です。自分の思いや考えを出す事に躊躇してしまう自分を変えられると思いました。ほとんどの高校生が、日本の大学に進学する中で、留学を決意し、同じ夢や高い目標に向う生徒と一緒に勉強をしたいです。

両親は、短期間の留学を経験した事しかない私が、異なる文化や習慣、治安、様々な人種のいる海外で生活していけるかを心配していましたが、母が説明会でサポート体制が整えられていると聞き、後押ししてくれて、父も賛成してくれました。また、同じ高校の先輩でNICの卒業生とコンタクトをとることができ、NICでの授業の様子や、留学先での生活、卒業後の活躍を聞けた事で迷いは消えました。


Posted by ktukjp at 18:50