December 11, 2007

NIC入学希望理由書 -山形県立高校出身●特別奨学生入試

私がNICに入学したいと思ったのは、メッセージ集などを読んでいて、皆それぞれがとても生き生きしている様子が感じられたからです。「NICに入れば私も何か変われる気がする」と思いました。また、私はずっと前から外国に興味があり、将来は外国に出て色々なものや人と出会い、たくさんの交流を持ちたいなと思ってきました。そんな自分の夢を叶えるためにも、励まし合って頑張れる仲間や、親身になって指導してくれる先生方、スタッフの方々がいるNICを第一ステップとしたいと思いました。

私には今、やりたいと思うことがたくさんあります。何を一番に優先して学びたいのか決める事ができません。その点においても、途中からでも専攻を変えることができる海外の大学は魅力的でした。NICには、全国から様々な夢や考えを持った人達が集まると聞きました。実際私も、二年生の時に夏期英語講習会に参加させて頂き、NICには本当にあらゆる意味で尊敬できる、個性豊かな人達がたくさんいるのだと実感しました。たった二週間でしたが、お互いの考えを受け入れ合える多くの友人をつくることができ、いい刺激を与え合える友達になりました。また、慣れない生活と勉強の大変さを身にもって感じました。しかし、多くのNIC生が言っているように、そこには楽しさがありました。やるべきことを一生懸命にやりながら、その中に楽しさも見出す「ハードbut楽しい」という生活を送りたいと思いました。

私には、NICに入ったらぜひ身に付けたいと思うことがあります。それは、自分に自信を持つ、前向き・積極的になる、最後まで責任を持ってやり通すことができるようになる、ということです。高校では、やりたいと思ったことも、ただ頭の中で想像するだけで、自分から動いて実行することがほとんどできませんでした。そんな自分にいら立ちを感じ、情けなく思いました。その裏には、自分から始める事を恐れていたり、多分無理だろうと始めから諦めの気持ちが出てきたりしていたからです。行動を起こすには強い意志と勇気が必要だと思います。人目を気にしすぎたりしていては何も変わることが出来ません。私は今までのそんな自分から変わりたいと思いました。NICには、自分が変わっていける環境があり、人として成長できる仲間に会えると思ったので、私はNICにぜひ入学し、自分が輝ける何かを見つけたいと思いました。


Posted by ktukjp at 18:52