December 12, 2007

NIC入学希望理由書 - 岐阜県・私立高校出身○特待生入試

私は、作詞・作曲家になり、海外で活躍したいという夢があります。そしてこの夢を叶えたいと決めたのは、二つの理由からです。

1つ目は、音楽が私を変えてくれたことです。私は中学生の頃、とても消極的でした。そのうえ、夢も目標も見つかっておらず、毎日友達と話をするために学校へ行き、家に帰ってから寝るまで好きな音楽を聴いて過ごす、という生活の繰り返しでした。自分が本当にやりたいことは何なのか、夢をかなえるために積極的に動けるのかと考えて、一番悩んでいた時期でもありました。そんな中、唯一私に影響を与えてくれたのが、音楽でした。作者の想いが直接心に伝わってくるストレートな歌詞。その歌詞に込められた想いを最大限に引き出している曲とが合わさった音楽は、私にとってとても魅力的に見えました。「私もこんな風に自己表現ができるようになりたい。」と強く思いました。音楽は、私に目標や積極的になるための勇気や自信を持たせてくれたのです。それからは人目ばかり気にしていた私は、自分自身のことを真剣に考えるようになり、高校生になって具体的な夢を見つけることができました。それが、作詞・作曲家です。今度は、私が音楽を通して少しでも夢を持ってくれる人を増やしたいと思っています。

2つ目は、英語が大好きだということです。きっかけは、中学1年生のときに通った、英語塾でした。最初は日本語の文法と全く違う英語を理解することは難しく、苦痛で仕方ありませんでした。しかし、今まで知らなかった単語や文法を知り、短い文を考え、会話していくうちに徐々に外国語で会話できる楽しさを覚えました。そのおかげで、海外に視野を広げ、色々な体験をして、世界をもっと知りたいという目標を持つことが出来たのです。

そして、夢を叶えるには留学することが一番良いという結論に至りました。海外で働きたい私にとって英語は不可欠なものです。日本でも英語は学べますが、やはり英語が母国語である国で学び、その国の人々の生活・考え方等を知ることで、音楽に活かせるのではないかと思います。それに加え、留学することにより、人間的に一層成長できればと思っています。今の私は完全に親に頼って生活をしています。「このままではいけない、一人の人間として成長していくには、親元から離れて全て自分で判断し、責任を持たなければいけない環境で、自立心を養うべきだ」と思うようになったのです。

日本の大学はNICと全く違い、座学中心の毎日だろうと思います。先日、パンフレットで読んだとき、NIC卒業生の皆さんが共通して「NICで学び自分は変わった」とコメントしていました。それを見て、NICの特徴はまさに個人の可能性を最大限に引き出すことを目的としており、年間2000時間もの勉強はそのためにあるのだと思いました。自分自身の夢をかなえたいという想い、そしてNICのしっかりとしたサポート体制のもと「NICなら全力で学べる」と確信しました。

私は今、音楽に対する感性や表現力を少しでも広げようと、多くの物事に興味を持ち、考えるよう努力しています。このような積み重ねをNICという素晴らしい環境の中で活かし、同じ夢を持った仲間と共に頑張り、自分の可能性を試しながら夢を実現させるための、第一歩を踏み出したいと思っています


Posted by ktukjp at 11:20