December 12, 2007

NIC入学希望理由書 - 福岡県・私立高校出身●AO推薦入試

私は幼少の頃から、この町を出て自分の見たことのない世界に行きたいと思っていました。その気持ちは中学校へ行っても変わらず、修学旅行で海外に行けるという理由で、地元中学ではなく、家から少し離れた私立中学に通いました。実際にオーストラリアに行った私は、大きなカルチャーショックを受けて帰ってきました。目に映る全てが新鮮で、五感から入ってくる情報全てが、私に衝撃を与えました。このような経験をしたことにより、私が留学という選択肢を持つのは当然のことでした。

高校1年生のとき、すでに海外の大学で学びたいと思っていた私は、インターネットを使って、様々な海外大学の資料を調べていました。しかし、その活字からは私が思うようには情報収集が出来ませんでした。ましてや、留学した人が周りに居るわけでもない私にとって、本やインターネット、漠然とした高校の先生の話だけで海外の大学を選ぶのは、大変困難なものでした。そうやって、サイト上をさまよっていたと時に見つけたのが、NICでした。

1年間、東京で語学勉強した上で留学するというNICのシステムは大変魅力的でした。なぜなら、オーストラリアでのホームステイで、私は自分の英語能力の必要性を痛感していたからです。暖かく接してくれるホストファミリーに対して、自分の気持ちをうまく表現できなかったのが今でも心残りです。それに、NICに行きたいと思った点は、もう一つあります。それは、説明会等で感じられたスタッフの方たちの温かい対応でした。留学という難しい私の選択に苦難の表情をしていた両親も、スタッフの方のおかげで、ついにやっと賛成してくれたのです。今では、自分が行きたいと言っているほどです。

海外の大学で勉強するのは、日本の大学で勉強するのとは違い、勉強量が多く大変だと聞いています。しかし今、私はそういった環境の中で自分が耐えることが出来るかということよりも、自分が見たことも無いものばかりの環境の中で勉強できるということに、胸を躍らせています。NICに入学できたら、私は自分の信念を胸に、勉強に励みたいと思います。海外という特殊な環境の中で培うことの出来る、一つ一つの経験を心に刻み、自分自身を向上させたいです。


Posted by ktukjp at 17:24