December 12, 2007

NIC入学希望理由書 - 愛知県・私立高校出身●自己推薦入試

私が留学に興味を持ち始めたのは兄の一言でした。「一緒に留学しないか?」と言われ、私はその一言で留学しようと決心しました。兄からそのことを言われるまでは、自分の進む道が分からなくて、特に何かをしたいわけではなく、就職活動にも力が入らなくて、どうすればいいのか悩んでいました。自分の気持ちがあやふやのまま、社会に出ても絶対に長続きしないと思っていました。

私は中学1年から大学4年までの10年間、陸上競技の長距離を続けてきましたが、死ぬほど勉強をしたことがないと思いました。今まではスポーツばかりの生活だったので、勉強がいつもおろそかになっていました。だから、将来「あの時勉強していて良かった」と思えるように、今この一瞬を全力でやりぬいていきたいです。

私は今、ホテルでアルバイトとして働いていますが、お泊りなるお客様の3分の1くらいは外国人の方です。中国人、韓国人の方も英語で話しており、やはりこれからの時代は、英語が重要になると実感しました。数年後には英語が話せないと仕事が成り立たないのではと思います。私は英語を流暢に話せないので、周りの人が話しているのを見ると、「絶対に英語を話せるようになりたい」と、強い思いがいつも出てきます。英語が話せたら、今まで以上に大勢の人とコミュニケーションがとれるし、外国人の方と話せることでもっと自分を表現できるのではないかと思います。私の英語力はまだ未熟で、ただ単語をつなぎ合わせて相手に伝えようとしていますが、そこにジェスチャーを付け加えると、表現力が高まり、相手に自分の想いが伝わることを発見しました。伝わったときはとても嬉しくて、「英語って楽しい」と、心からそう思います。

昔は、英語がとても嫌で、覚えるのが苦痛でしたが、今の私は、勉強したい気持ちでいっぱいです。もし、NICに入学することが出来たら、絶対に後悔しないくらい勉強をして、社会に貢献できる人間になりたいと思っています。





Posted by ktukjp at 18:34