December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 鹿児島県・私立高校出身●自己推薦入試

僕がNICに入ろうと思った理由は、一つは高校三年になって最初の頃、僕は進路についてとても悩んでいました。パソコンで日本の大学を調べたりしましたが、全然行きたいと思うようなところがなかった時、先生から母がNICのことについて聞いてきました。母から話を聞いた時、「これだ。」と思い、すぐに先生に会いに行き、話を聞きました。そしてもっと行きたくなりました。とどめだったのが、廣田先生の書かれた本でした。親に相談したところ、賛成してくれNICに入ろうと思いました。

二つ目の理由は、中学三年頃から親に反抗ばかりして、自分が悪いのに謝れない。そんな自分がすごく嫌なんです。だから、親元を離れ、文化の違うところに行き、自分が今まで親にどれだけ甘えてきたのかを知ると同時に、親がどれ程大切で、かけがえのないものなのかを身をもって感じたいというのも大きな理由の一つです。

最後の理由は、アメリカでは自分がした分だけ自分に返ってくるという言葉を聞いたからでした。日本でははっきり言って報われない事のほうが多いと僕は思います。だから、これを聞いた時は、本当にすごいなと思いました。

入学したら僕は、最初の一年間、宿題とかを一生懸命頑張り、人前で話すのが苦手なので授業を通して苦手を克服し、友達をたくさん作りたいです。そして、アメリカに行ってからは、スポーツが好きなので、スポーツ関係の学科に入ろうと思います。

最後に、僕は本当にNICに心から入りたいです。英語は苦手ですが、嫌いではありません。自分はまだまだダメです。日本にいたら、親のすねをかじってばかりいると思うのです。自分がどんどんダメになっていきそうで怖いんです。だから、自分自身で考え、答えを出せる、そうゆう大人になりたいです。それにはNICという学校の力が必要です。頑張りますので、どうか宜しくお願い致します。



Posted by ktukjp at 10:15