December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県立高校出身●自己推薦入試

私は小さい頃から、外国人と話す日本人や国際的に活躍している人を見て憧れを抱いていました。高校では、英語科に入り英語を学んできました。二年生の時にオーストラリアへの二週間の研修に参加し語学学校に通いました。研修に参加して、将来留学して国際的に活躍できる人になりたいと本気で思うようになりました。しかし実際に海外の大学で現地の大学生と共に勉強する英語の自信はないと感じていた時、偶然NICの資料が目に留まり、一年間しっかりと勉強して海外の大学に進学するシステムに惹かれました。

留学するというのは、容易な事ではないけれど、一人で生活、勉強する事で、自立につながりたくさんの経験を得られると思います。「経験」はとても貴重なものだし、経験する事で自分のためになる事がたくさんあると思います。私の両親は留学する事に対してやりたいことをやりなさいと応援してくれるので、NICで一生懸命勉強して、その成果を両親に感謝として現したいと思いました。

私が初めてNICに行ったのは去年の冬、カレッジ・デイ(無料英語講習会+海外大学進学説明会)のイベントを行っている日でした。無料英語講習会でダニー先生の授業を受けてみて、授業がとても面白くて驚きました。最初、とても緊張していたのにダニー先生の話しやすい雰囲気のクラスのお陰で、何回も発表してトライした事を覚えています。高校の授業では、発表の機会があまりなかったりするので、発表する事に少し抵抗があるのが事実でした。ダニー先生の授業を受けて、また授業を受けたいと強く思いました。その後に、NIC在学の先輩達とお話しする機会がありました。先輩方一人一人が色々な部門へ興味があり、目標を持っていて、皆輝いて見えました。先輩が先生と話す時も、一生懸命英語を使って意見を述べたり、笑い合っているのを見て、素直にかっこいいな、私も色々なことを伝えられるようになりたい、そう思いました。

マイミッションを見ても、NIC生の方全員は宿題がたくさんあって毎日何時間も勉強すると書いてあり、どうして皆辛くないのだろうと思いましたが、実際に先輩たちを見ると、勉強することにやりがいを感じて楽しんでいるのだなと思いました。また留学という同じ目標を持つ仲間達と勉強する事は、励まし合い、刺激し合い、その中で勉強するから乗り越えられるのだと改めて思いました。廣田先生の「死ぬほど勉強する」という言葉のように、たった一度の人生だからこそ、死ぬ気で頑張りたいと思いました。これらの理由から私はNICに入学する事を希望します。




Posted by ktukjp at 10:19