December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 神奈川県立高校出身○AO推薦入試

とにかくチャレンジしてみたい、そう思ったのがNICに入学を希望したきっかけでした。私の通う高校はもともと国際関係に力を入れており、英語はもとより、ドイツ語、スペイン語、中国語、フランス語などの第二外国語を学び、英語も毎日三時間以上と常に外国語に囲まれた生活を送ってきました。しかし、そんな生活を送っていても英語を話すと言う事はなかなか思う様に上手くいきません。ネイティブの先生に質問されてもすぐに答えられず、もどかしい思いをしていました。せっかく好きな英語だから自分のものにしたいと思い、一時期は一年間の語学留学なども考えたのですが、ただ語学を学ぶだけでは中途半端で、私にとって納得のいくものではありませんでした。そんなときに出会ったのがNICです。海外の大学に行けるうえに、一年間のNICの授業がとても充実しており、様々なサポートを見ても、これなら自分が納得のいく力をある程度身につけてから、安心して留学する事が出来ると思いました。

どうせ海外に行くのならば、語学だけでは足りないと思っていた私にとっては、海外の大学で自分の学びたい事を学びながら英語力を取得していくということは、まさに衝撃的でした。入るのは難しくても入ってしまえば楽な日本の大学と違い、海外の大学は当然、学びたい人間が行く学校です。ここで自分の力が試される、と私ははっきりと感じました。この大きな壁を乗り越えれば、きっと新しい自分に出会える。日本の大学に行くより、はるかに成長できる。そして語学留学よりも価値のあるものが得られると確信したのです。

特に私が身に付けたいと思っている力はディスカッション能力です。日本ではあまりすることがないディスカッションを学び、はっきりと英語で自分の意見を言う事、そして自分自身を表現できるようになる事が目標です。将来世界中に飛び回る事になっても、自分という人間をはっきりとアピールできるようになるためにも、受身の授業ではなく、参加型の授業で自分を鍛えていきたいと思ってます。


Posted by ktukjp at 10:20