December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 富山県立高校出身○AO推薦入試

私は、NICに行きたいです。NICは、一年間みっちり英語を勉強して海外へ留学する人の手助けをする学校です。NICでの勉強は大変で、学生の平均睡眠時間は約三時間と言われています。でも、だからこそやりがいがあると思います。私は二度渡米をして、日本が世界の全てではないと感じ、留学をしたいと思いました。渡米して初めて、日本のよさ、悪さを見つけました。留学をして日本と外国の互いの長所を生かす繋ぎになりたいです。英語を使って対等に話がしたいので、私はNICに行きたいです。

NICでは、自分の意見を持ち、伝える事、討論する事、話すことなどに力を入れています。現地の人と同じように授業を受けたり生活をするためには不可欠です。また、生活面や内面でも成長したいです。一つは、寮生活で自立する事です。家事をしなかった点や、何かと自分に甘い点を絶対に直したいです。もう一つは、継続して勉強をすることです。私は、何かを続ける事が苦手です。幼い頃からそうでした。NICで、自分を追い込んで、一日一日を大切にする人になりたいです。この二つを達成したいです。

私は将来デパートを経営し、そこで託児所を作り、社内で死亡する子供の数を減らしたいです。もう一つは、学校を建て紛争で勉強ができない子供たちを招き自立できるようになるまで、その学校で育てる事です。アメリカにはスーパーに託児所があります。これは渡米して知りました。日本にはありません。アメリカでは地域ごとにゴミ箱の数が異なっています。一つの所があれば四つの所もあります。ゴミ箱が一つの地域では、燃えるごみもペットボトルも生ごみも全て一緒のゴミ箱に捨てます。このことも私が渡米して知りました。

世界には知らない事がたくさんあることを知りました。きっと知らない事のほうが多いのだと思います。NICで英語を身に付け、まだ私の知らない事をたくさん知りたいです。世界中の長所を知り、考え方の違いを知り、自分ができることを見つけたいです。そして、世界がより良くなるように、悲しむ人がいなくなるように貢献したいです。



Posted by ktukjp at 10:50