December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 沖縄県立高校出身○自己推薦入試

私が貴校を志望する理由は、留学を通して自分の視野を広げたい、そして、世界共通語である英語を身につけ、将来の夢の実現に活かしたいと思っているからです。

私は、世界の困っている人々のために働きたいという夢を持っているので、留学して学びたいことは、国際関係です。中学生のころ、マザー・テレサの活動を知り、それについての本を読みました。彼女の言葉、活動は私利私欲のない素晴らしいものばかりでした。こんな人が居るのかと始めは驚きましたが、このことがきっかけで、私は世界の情勢に興味を抱くようになりました。

私が、世界のために何かしたいと思うようになったのは、パキスタンの子供の言葉でした。「あなたの願い事は何ですか?」という質問に対する答えです。

「隣の国と戦争しないでほしい」

私がもしこの質問を受けたら、このような言葉は出てきません。その子供と私は、育った環境も言葉も違いますが、同じ地球に生きている、同じ命なのです。世界のために、この子達のために、私には何が出来るのか。今はまだわかりません。それを知るためにも、国際関係を学び、私に出来ることを模索していきたいと考えています。

私は進学するにあたって、目標とすることが2つあります。まず、一生懸命勉強したい、ということです。「死ぬ気で勉強」をしたい、自分を奮い立たせたい、そう思っています。2つめに、私は海外に強い関心を持っているので、世界に通じる国際人間になりたい、ということです。そのために留学し、色々な価値観、考え方に触れたい、異文化を肌で感じたい、というのが、私の夢の実現のために欠かせない条件です。

貴校に魅力を感じる点は、パンフレットやインタビュー集で、どの言葉を見てもヤル気があふれている点です。海外に行ったことがなく英語の苦手な私が、はたして授業についていけるか、本当に留学できるのか、という不安はありますが、誰でも挑戦できる制度がNICでは整っています。カウンセリングもしっかりしています。留学中や就職活動のケアも含めて、どこにもない制度ばかりで、より未来への意欲を掻き立てられます。

私はあまり英語が得意ではありません。高校時代も、勉強しても身についていなかったように思います。そんな私が留学を目指したのは、自分への挑戦です。それまでは漠然とした1つの夢でしたが、貴校と出会い、留学は夢を叶えるための通過点だという意識が芽生えました。

「なしば何事んないる事やしが、なさぬ故からどならん定み」
これは、「てぃんさぐぬ花」という沖縄の教訓歌です。やらなければ何も始まらない。やれば何でも出来る。この歌は、そういうことを歌っています。本当の力をつけるために、夢を現実に変えるために、始めの一歩をぜひ貴校で過ごしたいと思っています。

いま私が誇れることは、高校3年間皆勤したこと、多くの大切な人達に出会ったことです。高校ではバレーボール部に所属し、1年間はキャプテンとして、たくさんの貴重な経験や挫折を味わいました。部活動を通して「自分が動かなかったせいで後悔したくない」ということを学びました。しかし、そのおかげで、私を支えてくれている周りの人間に感謝できるようになりました。高校を卒業してからは、接客業で働き、当たり前ですが、挨拶の大切さを学びました。

高校を卒業して2年経ち、勉強のブランクもあります。一時は進学を諦めようと思ったこともあります。しかし今では、出来ると信じ、成長していきたいと思っています。私の人生の目標にしている言葉は「遮二無二」です。私はこの言葉を、「一生懸命頑張る」と捉え、仲間達と切磋琢磨していきたいと思います。

Posted by ktukjp at 11:15