December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 山形県立高校出身○自己推薦入試

狭い日本ではなく、広い世界へ出て自分の視野や可能性を広めたかった私が、NICを希望するきっかけとなったのは、「死ぬほど勉強する」という言葉でした。部活を引退するまでの約2年間、部活ばかり熱心にやっていたので、大学ではとにかく自分の好きな分野の勉強に燃えたい、と思っていました。NICの先輩方が言っている全ての言葉が強くて、私もこんなふうに強くなりたいと思いました。

私は、NIC夏季特別英語講習会に参加しました。そこでは、今まで味わったことのない刺激がありました。高校の授業にはない挙手制や、スピーチ、間違っても褒めてくれる先生、一つ終えるごとにたっぷり達成感を味わえる宿題、すべてのことが新鮮で、とにかく楽しかったです。何かを見ただけでは答えは出てこない、常に自分の頭で考えなくてはならない難しさ、それらをすごく実感しました。たった2週間でしたが、毎日「勉強してる」という感覚を肌で感じたあの経験は、今でも忘れられません。あの2週間を通して、改めてNICの良さをわかったような気がします。

初めてNICのパンフレットを読んだとき、直感で、ここは自分を成長させてくれる、そう思いました。本気で何かをやることは、とても素晴らしいことだと思います。パンフレットの中の先輩方も、夏に校内で目にした先輩方も、皆ひたむきで忙しそうに輝いていて、その姿にすごく影響を受けました。本気で勉強し、本気で夢を語り合い、本気で留学する、そんな環境にものすごく刺激を感じるし、自分でそれをやりきりたいと思います。何かを決めるとき、何かをやるときに一番大事なのは、妥協しないことだと思います。本当の意味で、自分を鍛えてくれると思う場所であるNICで、何事にも妥協せず、勉強したいと思います。自分の意志と、パンフレットの先輩方の言葉と、充実していた夏期講習を改めて思い出して、NICで勉強し、自分の夢を叶えたいと強く思っています。



Posted by ktukjp at 11:43