December 14, 2007

NIC入学希望理由書 - 神奈川県・私立高校出身●自己推薦入試

私が英語を好きになったのは中学二年生の時でした。それは外国から招いた先生との授業で、初めてネイティブの英語に触れ、積極的に自分から先生と会話をしようとしていたことを今でも覚えています。高校に入ってからさらに英語を勉強する事が増え、決まってテストの成績の中で一番いいのは英語でした。そして、初めてのホームステイを高校二年生の夏に経験し、それが自分の将来を考え直す大きなきっかけにもなったのです。カナダへ三週間も滞在でき、その上友達と一緒に観光もできるということで、最初は少し旅行感覚で行っていた私でした。しかし、気が付けば人一倍英語を話し、皆と通っていいた語学学校では、一つでも上のクラスへ上がるため積極的に授業に取り組んでいました。学校で友達と日本語で話をできても、家へ帰れば一日中英語だけの生活。けれども、少し文法が苦手でもリスニングや英語を発音する事が得意な私にとっては、自分の英語力を試し伸ばせるいい機会になりました。初めての海外生活を体験してさらに英語が好きになっていた私は、帰国してすぐに母と留学についての説明会へ行きました。先生に三学期だけでも留学したいと言い出すほど、すぐにでも“英語で過ごす生活”を始めたくなっていました。

中学生の時から行きたい大学を決めていた私は、大学生になってから一年間ほど留学をするつもりでした。それがある日を境に一変したのです。高校二年生の冬、郵便物の中にあった「本気の留学特集号。」それが初めてこちらの大学を知ったきっかけでした。今までに見たことのなかったこの学校の仕組みに私は目を輝かせ、いつの間にか自分の希望する進路が「海外の大学を卒業する事」になっていたのです。高校を卒業していきなり留学をするのは、とても不安で英語力にも自信がない。そんな私には、一年間日本でしっかりと英語を勉強でき、土台を作り上げてから留学ができる仕組みはとても理想的なものでした。

また、この夏には初めてこちらの夏期特別英語講習会に参加しました。外国人の先生方や地方から参加している生徒さん達とも仲良くなり、日本語禁止という環境の中でとても充実した十一日間を過ごす事ができました。初めての経験もたくさんでき、先生方を始め事務の方や学校のアットホームな雰囲気がとても自分に合っているなと感じ、より一層こちらの学校へ入学したいという気持ちが大きくなりました。

大学では幼児教育を学び、将来小さな子供に英語を教える仕事をしたいと思っています。そのためにもしっかりと頑張り、一歩一歩着実に進んでいきたいです。





Posted by ktukjp at 12:25