December 17, 2007

NIC入学希望理由書 - 山口県立高校出身○特別奨学生入試

私は中学生のときから、世界にはたくさんの大学があるのに、なぜ多くの人は日本の大学に行きたがるのか疑問に思っていました。ホテル経営学、旅行学、スポーツ医学など、アメリカには魅力的な学部がたくさんあることを知り、私はアメリカの大学で学ぶことを真剣に考えるようになりました。しかし、高校の授業だけでは英会話もできないし、ましてアメリカで生活し、アメリカの大学の講義を受けられるほどの語学力を身につけることは出来ません。まず、どのようにしてアメリカの大学に入学すればいいのか分かりませんでした。

私はインターネットで集めたたくさんの情報の中から、貴校のカリキュラムが一番だと思いました。貴校のキャッチフレーズである「本気の留学」に惹かれました。また、貴校の転換教育にも惹かれました。少人数で編成されたクラスで、全て英語で行われる参加型の授業は、高校まで黙って席について受身型の授業を受けた私には必要だと思いました。

そこで、夏休みに貴校の説明会に行き、新宿校を見学させていただきました。そして、職員の方のアツイお話を聞き、私の進むべき道が見えました。絶対にここで勉強したいと思いました。貴校は、私のように留学を希望する学生が、夢を夢だけで終わらせるのではなく、現実のものに出来る場所だと信じています。

私は中学、高校の6年間を通し、体操競技に打ち込んできました。厳しい練習の中、学校の成績も維持しながら、国体やインターハイを経験することが出来ました。これは、たくさんの人達が見守ってくださり、ご指導してくださったから出来たことだと思います。私はこの感謝の気持ちを忘れずに、世界に羽ばたき、社会に貢献したいと思います。また、これらの経験で得たパワーを、これからの学業に注ぎたいと思います。

高校に入ってからは、勉強や部活動などやるべき仕事に追われ、また集団生活中心の高校の中で、自分が本当にやりたいことを見失いかけているような気がします。貴校に入り、個性豊かな仲間達と留学という同じ目標に向かって切磋琢磨し、人間としても成長したいと思っています。




Posted by ktukjp at 10:26