December 17, 2007

NIC入学希望理由書 - 北海道・私立高校出身 ●自己推薦入試

初めてNICという海外の大学の日本校があることを知ったとき、私はすごくワクワクしました。それは、私が考えている進路にすごく合っていたからです。アメリカに交換留学していたとき、私は日本で感じたことのない「新しい自分」がそこに居て、毎日が充実していたことから、私は日本ではなく、海外の生活の方が刺激的でのびのびと視野を広げながら成長できる場所だと、身をもって感じることが出来ました。海外に居たとき、大きな壁にぶつかることが幾度となくありました。でも、日本にいる家族や、友達、海外で出会ったホストファミリーや、友達がいつも私を支えてくれました。日本にいると、それが当たり前だと思っていたことも、心から感謝する気持ちを持てるようになりました。だからこそ、やり遂げることが出来たのだと思います。まだまだ、私には出来ることがたくさんあるはず。それを教えてくれた「留学」は、私にとって人生の挑戦であり、始まりに過ぎないと思います。今度は、新しい自分を見るだけではなく、海外に行って自分のできる可能性を信じて夢をつかみたい。限界に挑戦してみたい。日本の限られた世界から、抜け出してみたいのです。

私が留学を通して学んだことは、人に自分の意思を、自信を持って表現することの大切さです。意志を伝えることは難しいことではないし、むしろ新しい道を開く鍵になるということを学びました。だから、いつも私は自信を持って次に挑戦できるのだと思います。NICには、それを認めてくれる先生や、仲間がいると思いました。

また、そんな留学をしてみたいと思ったときに出会ったNICは、私にとって希望に満ちた生活になると、そう感じました。直接留学することも考えましたが、海外の高校に留学するのと、大学に留学するのでは、全く別ものであり、実際私の実力ではついていける自信があまりなかったのです。英語で話すのは好きだけど、文章を書くのは苦手です。これでは、海外の大学に行っても、新しいことに挑戦していくことは厳しいだろうと思い、まずは進学先を考え、大学の授業についていけるほどの力を身につけたいと思い、NICに行くことを決意しました。

私は将来、ウエディング関係の仕事に就きたいと考えています。人の幸せを一緒に祝福できる素晴らしい職業だと思います。人の一生の中で、とても大事な日です。その仕事をするには、私にも大きな責任と、誰も思いつかないアイディアを提供し続けなければなりません。日本で出来る仕事だからこそ、平凡には終わらせたくないです。留学していた間支えてくれた家族や、友達、周りが笑顔になれる仕事を精一杯やり遂げたい。だからこそ、今の私に出来る全てのことに全力で取り組みたいと思います。NICで、私は夢をつかみ取りたいのです。


Posted by ktukjp at 10:27