December 17, 2007

NIC入学希望理由書 - 鹿児島県出身・高認○自己推薦入試

私は、2歳の頃からジャズダンスを習い続けています。私が通っているダンススクールでは、年に一度大きな発表会があり、私はその舞台に立つのが大好きです。そこには、普段の練習とは全く違う雰囲気があります。発表会では、本格的な舞台装置をセットして、カラフルな照明が焚かれます。皆が化粧や髪型を派手にして、ダンサーになりきって踊ります。本番で、もし失敗する事があっても誰も何も気にしませんし、発表会が終わった後の皆の顔はどれも、とてもすがすがしいです。私はそんな舞台が大好きで、将来もずっと立ち続けられたらなと思います。

私は、小学1年生から英語教室に通っていました。そこでネイティブの先生に6年間英語を習って、私はいつか海外に出てみたいと漠然と思うようになりました。その後、高校1年生になって、同じダンススクールに通う友達とダンスコンテストに出場しました。一生懸命練習して、その大会で優勝する事ができました。それは鹿児島で最も大きな大会だったので、とても嬉しかったです。その頃、中学生の時に2年間ダンスを教えていただいた先生が、アメリカにダンス留学しました。それを知って、私も海外で勉強したいという気持ちが強まりました。留学について調べると、アメリカの大学では、2つの分野を同時に専攻できる事が分かりました。それに途中で専攻を変えられるので、ダンスの他にも舞台芸術全般や映画などに興味のある私にとって、とてもよい制度だと思いました。アメリカへ留学する前にNICで1年間勉強する事で、今の私に欠けている積極的に発言する力も身に付けられると思います。また、NICは学生へのサポートが充実しているので、勉強や東京での生活に行き詰まっても乗り越える事が出来ると思います。卒業まで諦めずに頑張りたいです。

私は、アメリカの大学でダンスや舞台芸術全般の事、映画、心理学など、様々な事を勉強して、自分にあった道を探したいです。



Posted by ktukjp at 10:28