December 17, 2007

NIC入学希望理由書 - 高知県・私立高校出身○指定校推薦入試

私が貴校を志望した理由は、「映画」を海外で学びたいと思ったからです。幼い頃から映画に触れてきて、いつからか映画を作りたいと思うようになりました。しかし、その当時は漠然とした憧れで、どのように対処したらよいかも分からず、毎日をただ怠惰に過ごしていました。ですが、高校1年生の時に観た「キューティーブロンド」という映画で、私は本気で映画を作りたいと思うようになりました。その理由は、映画に出てきた「自分を信じて」という言葉に感動したからです。その当時の私は自信が持てずに悩んでばかりでしたが、この一言で私は「自分を信じてみよう」と思えるようになりました。それから私は、映画を勉強するにはどうするべきか考えました。その時、私は「どうせやるからにはこの映画が作られた所で勉強がしたい」と思いました。そんな時、ふと開いた進学雑誌に貴校が載っていました。最初は気にも留めずにいましたが、急に気になりだして資料請求をしました。そして、初めて映画学部があることを知りました。その時、私は「貴校へ行かないと後悔する」と思いました。そんな風に思ったのはその時が初めてで、貴校には私が求めていた映画への可能性がたくさん詰まっていたのです。早速両親に貴校へ進学したい旨を伝えると、快く賛同してくれたので、是非ともこのチャンスを活かしたいと思います。

私は、高校3年間ESS部と美術部へ入部していました。ESS部では副部長を務め、部長の補佐をし、人をまとめる事がどれだけ大変かを知りました。美術部ではたくさんの作品に触れ、インスピレーションの大切さを学びました。私はできるだけ多くの作品に触れ、見る目を養い、豊かな感性の持ち主になりたいと思います。そして、「誰かの心に残る映画を作りたい」と思っています。理由は、私自身がとても心に残る映画を見たからです。それは2001年にアメリカで起きた同時多発テロを題材にした「ワールドトレードセンター」という映画です。私はこの映画を見て、真実を伝える事の大切さを感じました。そして、二度と同じことが起こらないように願いました。

私が貴校へ入学を許可されたなら、より一層精進し、自分の夢のために一生懸命に勉学に励みたいと考えています。

私には、物事をあきらめそうになった時に思い出す言葉があります。それは、貴校のパンフレットに載っていた「やらないで後悔するより、やってから後悔せよ」という言葉です。その言葉に出会った時、行動を起こさずに最初からあきらめてしまうのは、もう辞めようと思いました。そして、もっと自分を成長させていきたいと思いました。以上の理由により、貴校への入学を志望します。



Posted by ktukjp at 10:30