December 17, 2007

NIC入学希望理由書 - 東京都・私立高校出身●特別奨学生入試

私には中学生の頃から「ホテルで働きたい」という夢がありました。私は幼稚園に入る前から、年に何度も舞浜にあるとても広くて綺麗なリゾートホテルに家族旅行をしていて、その頃からホテルのフロントやラウンジで生き生きと働いている人たちをたくさん見てきました。そして、そのホテルマンの方々に憧れて、中学生の頃から自分もホテルで働いてみたい、と思うようになりました。全てのお客さんに笑顔で接し、様々なサービスをしているあの方々がキラキラと輝いて見えました。しかし、ホテルで働くには英語を話せることは当たり前と聞きました。私は中学生の頃から英語が得意ではなかったので、ホテルで働くのは無理だろう、諦めるしかないかな、と思っていました。そして、私の好きな科目である数学と物理を生かそうと、高校に入り理系の科目を選択していました。

しかし、高校二年生の夏の終わりに身近な人で留学すると決めた人がいました。そして、私はこの時、留学という方法もある、アメリカの大学には日本の大学にはほとんどない“ホテル経営学部”があると知りました。けれども英語が苦手な私にとって、留学し海外の大学で勉強するなんて100%不可能だと思いました。しかし、夢を諦めきれず悩んでいた時、NICに出会いました。私にとってNICはとても魅力的でした。それは、一年間で海外の大学でやっていくのに必要な大切な土台となる英語力を身につけられるからです。英語が話せない私は、日本できちんとした準備をし、夢を叶える為にアメリカの大学へ進めるNICを知った時、「私にはNICしかない」と強く感じました。それは、日本の大学の見学に行ったり、説明を聞いても感じることのなかった思いでした。NICは、私にとってアメリカの大学へ進み、ホテルで働くという夢を叶える道の第一歩だと思っています。NICでなら、アメリカの大学でやっていかれるだけの英語力と精神力と、自信をつけられると思います。NICでの一年間で自分を大きく成長させ、アメリカで夢の実現のため、精一杯努力したいです。私にとってNICでの一年間は、大切な準備をする場として最も良い所です。ですから私はNICに入学する事を強く望みます。

Posted by ktukjp at 11:44