December 17, 2007

NIC入学希望理由書 -神奈川立高校出身 ●指定校推薦入試

私がNICを志望した理由は、海外のラグビー文化を学ぶためです。現在私は女子ラグビー日本代表選手です。十六歳で代表入りをし、国際試合を経験してきました。なぜ私が海外のラグビー文化を学びたいかといいますと、先ず日本のラグビーは練習をする環境が少なく、ラグビーの人口が年々減少しつつあります。その環境に私は物足りなくなり、「もっとラグビーをやりたい」と思いました。そのため、本場の海外でラグビーのスキルを高め、その国の州代表、そして代表を目指したいと強く思いました。もう一つの理由は、ラグビー引退後、英語を生かし、ラグビーのコーチを務めたいと思いました。ラグビーは英国のスポーツのため、プレーをするうえでもコーチをする上でも、英語を話せるのと話せないのでは、天と地ほどの差があります。だから私は英語を武器にして、海外とコンタクトをとり、日本の女子ラグビーをより多くの人に知ってほしいです。そしてもっと多くの人にこの素晴らしいスポーツ、ラグビーをやってほしいと思っています。私が日本の女子ラグビーを変えたいと思っています。

海外と日本を繋ぐラグビー界の架け橋となり、女子ラグビーのために、自分のためにNICに入学し、留学する事を決意しました。海外で生の英語を学びながらラグビーをするということは、決して容易なものではないと思います。想像以上に、多くの困難が待ち受けていると思います。しかし、私は本気で挑戦する覚悟があります。NICの先輩のように努力をし、素晴らしい未来があると信じ、どんな事も諦めずに、突き進む事を約束します。NICで夢を実現します。







Posted by ktukjp at 12:01