December 19, 2007

NIC入学希望理由書 - 静岡県立高校出身 ●AO推薦入試

私はアメリカの大学で、デザインや建築を学びたいと思っています。そのために、アメリカへの留学を希望しています。物を作り出すためには、広い視野が必要となります。だから、私は世界中から多くの留学生が訪れるアメリカの大学に留学することで、自分の視野を広げようと考えています。

私には、ブラジル人の友人がいます。彼女が高さ20センチくらいの卵形のチョコレートを見せてくれました。それは、大きなチョコレートの塊のように思えました。まさに私のイメージする外国のチョコレートにぴったりでした。しかし、実際に食べようとしたとき、彼女は卵型のチョコレートの上部を、少し机の角にぶつけヒビを入れ、ゆで卵の殻をむくように、上部のチョコレートでできた殻を少しむいて、中に入っていた黄色い紙に包まれたチョコレートのお菓子を取り出してくれました。私は、それまでその中にお菓子が入っているとは思っていませんでした。そして、私が食べると思っていたチョコレートが、殻の役割を果たしていたと知ったときは、大変な驚きでした。私の思い込みという、先入観にとらわれていたことに気づかされました。

このように、体験しないと分からないことがたくさんあるので、私はアメリカに留学して世界中の文化に触れ、自分の視野を広げたいと思います。しかし、留学と言うのは簡単なことではなく、とても厳しい世界です。そのための英語力を身につけるために、NICへの入学を希望します。私にはNICが行っている「転換教育」が必要だと感じました。欧米の教育は、参加型・対話型の授業スタイルです。そして自分の意見をしっかり英語で伝える必要があります。私は、英語で自分の意見を伝えられるか不安に思っています。だから、NICでしっかり英語力を身につけて渡米したいと思っています。

私は高校3年間、テニス部に所属していました。そこで仲間の大切さを学びました。「県大会出場」という目標に向かい、日々の練習や辛い合宿に励んできました。そして、東部予選でベスト16に入ることができ、県大会へ出場することが出来ました。このような結果が残せたのも、皆で切磋琢磨し、みんなの応援があったからだと思います。NICには全国から「留学」という目標を持った人達が集まってきます。だから今度は、NICで多くの仲間と切磋琢磨し、アメリカの大学で学ぶのに必要な英語力を身につけたいと思います。

前述のように、私は将来、自分の手で物を作る仕事がしたいと考えています。コロンブスの卵のように、違った視点でものを見ることによって、新しいものを作ることが出来ると思います。そして、世界中の人に使ってもらえるものを作りたいと思います。


Posted by ktukjp at 11:01