December 19, 2007

NIC入学希望理由書 - 東京都立高校出身 ●指定校推薦入試

私は将来、ミュージカルの舞台に立つことを目指しています。幼い頃から、歌うことも踊ることも好きで、人前でパフォーマンスしている人たちに憧れていました。自分も舞台に立って、歌も踊りも両方やりたいので、ミュージカルという道を選びました。そのために、高校2年からは、ミュージカルの基礎のあるバレエなども始めて、大学も日本の音楽大学のミュージカル学科などを目指すつもりでした。そんな中、NICに出会い、留学という方法でミュージカルを学べることを知りました。最初は英語を苦手に感じていたので、縁のないものと考えていましたが、説明会に行ってみて「クリティカル・シンキング」の自ら考えて行動する力や、ディスカッションしながらの授業の話を、身を乗り出して聞いている自分がいました。

私は、ミュージカル以外に関心のある、心理学や社会学を学ぶことは諦めていました。しかし、話を聞いて、留学することで日本とは異なる考えの人とも話せるし、外国のことも知ることができるので、ミュージカルを選んでも知識を広げられると考えました。また、苦手な英語と向き合うこと、知らない世界で多くの経験をしていくことで、精神的に強くなり、人間として成長できる機会になると思いました。

私がここ1年でであった大人の方々は、たくさん大変な思い、経験、努力をしてきて、その分、人として大きく輝いていました。私もこの1年でたくさんの経験によって成長できていることを実感しています。なので、NICに入学して多くのことを学び、多くの人の考え方を知り、多くの経験をすることで、強く大きく、いろいろな面を持っている人になりたいです。そして、舞台でもその経験を活かした、色々な味の出るパフォーマンスをできる舞台人になりたいです。

今はまだ確かな答えは出ていませんが、将来の目標がもう1つあります。私のできる何らかの形で、人が前向きになれる手助けをしたり、困っている人々の助けになったり、世界に向けて平和と協力を呼びかけていけるような活動をしたいと思っています。そのためにも、留学という日本を越えた、広い世界で学んでいきたいと考えています。





Posted by ktukjp at 12:37