December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県・私立高校出身○自己推薦入試

私は、英語を話せるようになりたい、いろいろな国へ行ってみたいと強く思い、留学を意識するようになりました。高校2年生のときに、カナダでホームステイをしたのがきっかけです。そこで私は、ホストファミリーの十分すぎるくらいの親切に対して、満足にお礼も言うことができなく、とても歯がゆい思いをました。また、日本にいては知ることができなかったであろう、外国の文化や風土に触れ、とても感銘を受けました。

また、私は人と出会うこと・話すこと、皆で何かをすることが好きで、じっとしているよりも常に動いている方です。私の父は、整骨院の経営をしており、その影響で様々な人に会ったり、家に連れてきたりしていて、いつも忙しそうだけど、楽しそうな姿を見ていました。そのこともあって、国際的に活躍できる経営者になりたいと思うようになりました。そして、私が経営者にとって必要だと考えることは、責任感が強く、堂々としていて、何に対してもチャレンジ精神が旺盛であるということです。しかし、今の私はというと、責任感に欠け、自分の意見・考えを人に言うことが非常に苦手で、好奇心は旺盛なものの、実際行動には移せない性格だと思っています。理想と現実はほど遠く、ずっと「こんな自分を変えたい」と思っていました。そんな時、インターネットでNICという学校の存在を知り、説明会やライブセッションに参加し、NICの「積極的に困難に立ち向かい、壁を乗り越えたいという人」、「学ぶ意識・生きる意欲を身につける」、「積極的に行動する意欲や積極的に発言すること、間違いを恐れる前に、まず行動することを学び、学びの本当の喜びを知る」そして何よりも『ハードbut楽しい』という言葉は、まさに私に欠けているところであり、必要とする要素であると思いました。

私は、NICに入ったら、仲間達と日々切磋琢磨し、私の取り柄である元気なところを活かして、皆勤を目指すつもりです。そして、先ほど書いた「理想」に少しでも近づけるように、人として大きくなりたいです。また、留学を成功させるため、たくさんの人とコミュニケーションをとれるようになるため、特に文法と会話に力を入れていこうと思っています。夢を夢のままで終わらせたくありません。精一杯、頑張ります。

Posted by ktukjp at 10:20