December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 北海道立高校出身○自己推薦入試

私は、幼稚園の頃にニュージーランドの旅行に行ったことがあります。そのときに見た自然の美しさや、かわいい動物たちにとても感動しました。また、4年生の頃には、ニュージーランドのご夫婦をホームステイにお招きしたことがあり、それらをきっかけに、海外に興味を持つようになりました。そして、いつしか高校を卒業したら海外の大学に留学したいと考えるようになりました。しかし、高校卒業後すぐに海外の大学に留学しても、今の自分の英語能力では、言葉があまり理解できず、授業についていけないかもしれないと考え、日本で英語をもう少し身につけてから留学することに決めました。

日本で英語を勉強するのは、現地で勉強するよりも上達が遅いかもしれないと思いましたが、貴校では、全ての授業が英語で行われ、ネイティブスピーカーの方も多いと聞いています。また、海外の大学の授業を受けるために必要な、クリティカル・シンキングを身につけることが出来るとの事なので、現地の授業のような環境に慣れておくためには、とてもよいやり方だと思い、貴校への入学を希望しました。

学校説明会のときに、卒業生の方から山ほど宿題が出て、何時間やっても終わらないときがあると言う話を聞いたときは少し驚きましたが、それも現地へ行くと当たり前のような話なので、やり遂げなければならないと思いました。英語を身につけることはとても大変だと思います。しかし、大変だからと言って、そこで進むのをやめてしまったら何も起こりません。だから私は、目の前に大きな壁があっても、それを乗り越えるための努力をしていきたいです。どんな結果であっても後悔したくはないと考えています。

もし英語を身につけることが出来て、海外の大学に入学することが出来たら、生物や古生物についての勉強をしたいと考えています。子供の頃から特に鳥が好きで、よく観察したりしていました。だから、ニュージーランドのような固有の鳥がたくさんいる国に留学したいです。

夢の実現のために、ゆっくりでも着実に英語の力を身につけていきたいと思います。限界まで努力することの意味や、いかに良い人間関係を築くかも大切な事だと思うので、英語だけでなくいろいろなことについて学べたら嬉しいです。

Posted by ktukjp at 12:33