December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 青森立高校出身○指定校推薦入試

私がNICを志望した理由は、「人間力の育成を教育理念として掲げているNICで、人間的に成長したい」と思ったからです。これまでの自分を客観的に見ると、ディベートの場で反論を恐れて自分の本当の考えを伝えられずにいました。その大きな原因はこれまで、物事を論理的に考えるという努力が足りなかったため、自分の意見に自信が持てなかったからだと私は考えました。そんな自分を本気で変えたいと思い、そのきっかけとしてNICの夏期講習に参加してみようと思いました。そこでの授業はまさに新鮮で魅力的なものでした。授業では常に自分の意見が求められ、生徒の意見が中心となって授業が展開していくという、自分が授業の中にいることを実感できる、今までに味わった事のない感覚でした。私がこの二週間を通して感じたことは、自分の意見を述べる際に、論理的に考え、相手に伝える難しさと、相手の意見を受け入れる大切さです。クラスの一人一人が個性的な意見を持っており、ディスカッションの授業は、自分の視野を広げられる興味深い内容でした。私は自分の意見を恐れずに発言できるこの環境で学んで生きたいと強く感じました。また、今年の七月に行われたライブセッションに参加した際にも、NICの卒業生である方々がおっしゃっていました。努力すれば努力するだけの道は広がっていくこと、やる前から諦めず何事にもチャレンジする事、という言葉が留学というものに不安を感じていた私の心を後押ししてくれました。

私は今後学びたい専門分野については、生物学や国際関係学、教育学など、分野がいくつかあり、まだ決めかねています。そこでNICでの一年間で、自分としっかり向き合い、何を専攻していきたいのかを探っていきたいです。そして将来は、その分野を生かした職業に就きたいと考えています。

私は留学を通して、授業の中で様々な価値観に触れ、自分の視野を広げ、自己の発見につなげていきたいと考えています。留学というあえて厳しい状況に自分を置くことで、自分自身を成長させることに繋がると考えています。そして、社会に出てからも自分の考えを主張していける、世界へ羽ばたくチェンジメーカーとなることを目標しています。そのためにも、NICで「ハードbut楽しい」を成し遂げられるよう、同じ視を持つ仲間とともに切磋琢磨していきたいです。

「意志のあるところには道は出来る」というNICのノートに記されていたこの言葉のように、何事にも挑戦していきたいです。

Posted by ktukjp at 12:38