December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 熊本県立高校出身 ●指定校推薦入試

私がNICを志願した一番の理由は、海外の大学のスタイルで学んでみたいという思いです。私は高校3年間サッカーに明け暮れ、自主的に勉強することはほとんどありませんでした。部活以外に夢中になれることがなく、自分のやりたいことが見つからず進路で悩んでいました。そんな時、NICのことを知りました。小学校のころから海外に憧れ思っており、いずれ何らかの形で、海外で勉強したいと漠然と考えていた私は、廣田先生の著書を読んだり、新宿の本校の説明会に参加し話を聞いたりして、海外の大学の授業スタイルに関心を持ちました。自己表現を求められると聞く海外の大学に身を置き、厳しい環境の中で自己表現能力を身につけたいと思ったのです。私は物事について深く考えるときがありますが、大勢の中で積極的に自己主張することはあまりありません。留学を経験することで、人間的に成長したいと思っています。また、専門に勉強したいことがまだ決まっていないので、色々な科目を取りながら、本当に自分がやりたいことを見つけて学びたいと考えています。海外の大学は、それが可能だと聞き、それもNICを志願する理由の1つになりました。

しかし、留学経験のある兄に相談したところ、「日本語で勉強できない人間が外国語で勉強できるはずがない。興味本位で留学しても帰ってくるのがオチだ。」と言われました。確かに私は、英語が得意と言うわけではなく、留学レベルには到底及びません。そのため、兄に反発心を抱きながら理想ばかりが膨らみ、現実を見ていいなかった自分に気付かされました。それからは他の進路を模索することもありました。

それでも、海外で学ぶことへの憧れを捨てることが出来なかった私は、実際に海外に行ってみてから決めようと考え、一週間と言う短い期間ですが、今年の夏休みに一人でアメリカに行きました。そこではやはり、自分の英語力の乏しさを痛感し、悔しい思いをしました。自分の気持ちを相手に伝えることが出来ないことが、あれほど辛いとは思っていませんでした。そして、生半可な気持ちではいけないと感じました。それと同時に、今まで以上に英語を話したいと思うようになったのです。帰国後、数日悩んだ結果、NICに行って英語を勉強し、留学すると決意しました。日本の大学に進学して交換留学という道も考えましたが、正規留学をして、本当の力を身につけたいと考えています。

これらが、私がNICを志願した理由です。

Posted by ktukjp at 12:49