December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 長野県・私立高校出身○自己推薦入試

私はNICで自己を改革し、海外留学において様々な事を経験する中で自立の精神を育て、なおかつ少々変わった個性的な人たちと友人になりたいなどの理由で貴校を志望する。そして、中でも私が一番強く行いたいと思っていることは自己の改革である。以前から海外に強い憧れを抱いていた私は留学というものに心を動かされながらも、自分のないに等しい英語力を前に、そんな行為は到底無理であろうと考えていた。なにせ恥ずかしい事にその頃の私は、人の能力とは生まれつき決まっているものであり、今さら頑張ったところで、たかが知れてるし時間の無駄だと考えていたものだから、持続的な努力というものをしたことがなかった。また、自分の性格に関しても同様の考えを持っていたために心の中では何度も「変わりたい」と願いながらもなかなか行動に移せずにいた。しかし、あることをきっかけに物事に対する見方を変え始めていた私は、今までぼんやりとしか考えていなかった自分の進路に本気で向き合おうと決心した。

なんとかなる。そういった考えを捨て一生懸命現実と向き合った。途端に私は怖くなった。自分の足元があまりにも不安定な事に気が付いたのだ。生まれつきの能力で人は決まるなどと、言い訳を並べ努力する事から逃げてきた私は、果たして社会の中で生きていけるのかという不安が脳裏をよぎった。何とかしなければ。そう思っていたときに偶然、取り寄せていたNICの冊子が目に飛び込んだ。パラパラと冊子をめくりながら私は「ここしかない」と感じた。「死ぬほど勉強した。」この言葉に私ははっとした。どうせやるならばこのくらいやらなくてどうするのだ、と思った。今までの何事も中途半端であった自分から脱却し、ひとつの事を徹底的にやり遂げたという自信を胸に、海外の大学でこれまた徹底的に勉強するという未来を想像するとやる気が沸いてきた。実際、私は米国や英国で芸術の勉強をしたいという夢をまだ持っていた。そしてもう一つ、私はNICで積極性を身に付けたいと考えている。幼い頃から、いざというときに行動できず悔しい思いを重ねてきた。これからはやらないで後悔するよりもやって後悔する方を選びたい。NICの授業では発言が重視されるということなので、授業を通して人の意見をきちんと聞き、自分の意見もはっきりと言えるような人間になりたいと思っている。

NICの体験授業を受けた後の立食会で、ある先輩が「勉強してたらね、いつの間にか夜が明けてたりするんだよ。」と言っていた。こんなセリフをさらりと言える人間に私もなりたいと思った。

以上のように、私はNICで数多くの仲間達と切磋琢磨し、将来は何らかの形で世界に貢献できるような職業に就きたいと考え、NICを志望する。

Posted by ktukjp at 12:57