December 21, 2007

NIC入学希望理由書 - 奈良県立高校出身○自己推薦入試

僕は中学生の頃からアメリカの文化などに興味があり、将来はアメリカに留学に行くことが夢でした。しかし僕は、高校の後半にそれ以前の心のトラウマによって、精神的に自分を見失い、不登校になりました。その間、色々と本を読みました。その中にアメリカの大学で勉強されて、今は日本のある大学で教授をされている方が書かれた心理学の本がありました。僕はその本を読んで救われました。その時に、アメリカの大学で心理学を学びたいと、強く思いました。大学の進路を決める時、受験勉強もままならない状態だったので、留学の事は考える余地もありませんでした。高校を先生方や周りの人たちの助けもあり何とか卒業でき、大阪のある大学に入りました。しかし大学では勉強せずバイトばかりして、大学には行かなくなりました。その時は、バイトと遊ぶことばかりしていました。いつも心はどこか空虚でした。そして徐々に生きている意味さえ失っていきました。

そんなある時、お父さんからNICの事を聞きました。留学してみたいという気持ちはいつも心のどこかにあったので、すぐにインターネットでNICを検索して資料を取り寄せました。資料を読んでいくうちに心の高揚を感じていました。そしてもう一度、アメリカへの留学を考えようと思いました。そして、その年の冬に東京の新宿で行われたNICの説明会へ行きました。2時間ほどの説明会は自分にとって、とても有意義で新鮮でした。でもその年は、まだ自分の心の整理が出来てなくて受験に踏み切れませんでした。その後、自分なりに人生を振り返り、そして将来のことを考えました。考えた結果、このままではだめだと思い、今年の7月に行われた大阪でのNIC説明会に行きました。説明会を終えて、やっぱり留学したい。そしてNICのことをもっと知りたいと思い、思い切って8月に行われた夏期講習に参加しました。そして夏期講習を通してNICには勉強の出来る素晴らしい環境があること、そして素晴らしい先生方、スタッフの方々、学生の皆さんがいることを身をもって知りました。夏期講習の日々にすごく充実感を感じることもできました。

今NICに入学したいと強く思っています。NICで1年間学ぶ事ができれば、自分は変わることができ、アメリカに留学して心理学を学ぶという夢も実現できると強く信じています。入学する事ができれば、新聞奨学生をしながら勉強を頑張っていこうと思っています。NICでの一年間、死ぬほど勉強して、精一杯生きて、やり遂げたいです。

Posted by ktukjp at 13:03