January 11, 2008

NIC入学希望理由書 - 北海道・私立高校出身●特別奨学生入試

私がNICへ進学を希望する動機は、大きく数えて2つあります。

まず第一に、英語という語学に興味を持っていることは勿論、将来日本だけではなく、世界を通して大きく活躍するためには英語という語学が必要不可欠だと思うからです。私がそれを痛感したのは、中学三年生の時にオーストラリアで一ヶ月ホームステイをしたときでした。日本語が全く通じない外国人を相手にコミュニケーションをとることはとても難しく、英語を身に付けていなければ日常生活を送ることさえままならず、自分の気持ちを十分に伝える事すら出来ないのだと思いました。また、日本語が通じる国はほとんどなく、とてもマイナーな語学だと認識しました。世界で活躍するためには、英語を学ぶ事が大前提であり、その上で異文化に触れる事や、コミュニケーション能力、また専門知識を身に付けることが必要だと思いました。

二つ目は、周りの環境次第で大いに飛躍する可能性があり、様々な事をとても吸収しやすい多感な時期である今を、留学という経験をする事で、自分が成長できると思うからです。また、好奇心旺盛な性格もあり、学び続けたいものが一つに絞りきる事ができずにいる私にとって、幅広い可能性が多い海外の大学は、自分にぴったりだと思うからです。

NICには、これらの希望を実現するための私の理想とする様々な環境が整っていると思われます。例えば、他大学には見られないNICでの莫大な勉強量は、向上心の高い私にとって魅力的であります。なぜなら、知識はどれだけあっても無駄になることはなく、自分の能力を高めるためには必要な事と思えるからです。更に、周りの環境に影響されやすい大切な10代の時期を、同じような志を持ち、各々のモチベーションも高く、互いに刺激し合える仲間のいるNICで過ごせる事を熱望します。

また、留学先では、勉学に取り組む事は勿論、海外の文化に触れながら、現地の生活を通して日本では養う事のできない様々な体験をし、これからの人生の糧となる経験や知識といった自分への財産を増やしていきたいと思います。


Posted by ktukjp at 11:55