February 13, 2008

NIC入学希望理由書 - 三重県立高校出身○AO推薦入試

私はNICを知り、ここでなら大好きな英語を全力で学べる。そして今の自分を変えられると思いました。

私は高校で英語科のクラスに入り、英語が大好きになりました。英語が話せるようになれば他の国の人とも友達になれる。異なる文化、異なる生活を知ることができる。そう考えただけでワクワクします。いつか英語が話せるようになって、英語を活かした仕事に就きたい。これが今の私の夢です。しかし現実では、高校に入って人間関係に躓き、自分に自信が持てなくなりました。友達と話すのでさえ、嫌われるのが恐くなって緊張してしまいます。変われない自分に絶望する毎日でした。でも心の中では「このまま人生あきらめたくない!」と思っていました。

高校3年生になって進路のことを考えたとき、日本の大学進学という進路しか知らなかった私は、本気で行きたいと思える大学が見つけられずに焦っていました。大学生になった自分を想像してみても、今と変わらない自身を持てない自分しか思い浮かびませんでした。

海外進学という進路を知ったのは10月半ば頃でした。私はその瞬間に「やってみたい!」と思いました。そしてNICを知りました。パンフレットに紹介されている先輩達は、自信と充実感に満ち溢れていました。「辛いけど楽しい」という感覚を私も味わってみたいと思いました。カリキュラムの充実度にも驚きました。海外進学に向けての力と自信が、ここでなら身につけられると確信しました。私もこの学校でこの素晴らしい環境で、同じ「留学」という目標を持つ仲間と共に、頑張りたいと思いました。苦しくても耐え抜いて、自分無限の可能性を信じてやってみたいと思いました。そして、自分に自信を持って海外で学んでみたいです。

私が海外進学という進路を知ったのは、偶然遠足で会った友達に話を聞いたときでした。NICを知ったのも、偶然クラスの友達に海外留学のことを打ち明ける機会があったからでした。そしてNICという、英語が間全力で学べて自分を変えられる思える学校に本気で行きたいと思えるようになったのは、高校で偶然英語科に入り、偶然人間関係で躓いたことからでした。

私はNICに入り、充実した日々を送ることで、今の自分に導いてくれた全ての偶然に感謝できる日が来ると思っています。そして海外で沢山の人々と出会い、自分の狭い価値観を広げて、広い視野で物事を捉えられる人間になりたいです。

Posted by ktukjp at 10:58