March 30, 2008

おめでとう!グランプリ獲得!

3/23(日)朝3時、第1回デジタルショートアワードでNIC第19期生 岡村裕太さん(カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジ)が監督したTOKYO STREETが、【驚き】部門のグランプリを獲得されました。
岡村さん、おめでとうございます。

この作品は、岡村さんがNIC在学中に作り上げた作品で、出演者、音楽担当、衣装担当、太刀まわりなども、全てNIC19期生たちによるものです。

このアワードでノミネートされた作品は、プロの役者さんやクリエーターの方達だったりする中で、TOKYO STREETの映像、役者さんたちの姿、本当に際立って見えました。
懐かしい19期生の皆さんが新宿ミラノ座1の大スクリーンが映し出されたのは、大感動でした。

作品が上映された後には、審査員からの採点が下されます。
【驚き】部門の4番めに岡村さんの作品が上映され、結果、審査委員長のいとうせいこうさんから93点という最高点を捻出させ、結果、見事グランプリ獲得!

賞金と賞品(カップヌードル一年分)を携えて、テストの待つアメリカにとんぼ返りでアメリカに戻られました。(学校では、テストが待っていたそうです)

本当におめでとうございました。

岡村さんからのメッセージ
NICのハードな勉強を両立させながらも映画制作ができるんだと、
これからの後輩に少しでも影響が与えられたら嬉しいです。」

Okamura1








Okamura








okamura

Posted by ktukjp at 12:18