April 10, 2008

第20期生 修了式 <20期生代表スピーチ> 清水郷史 (川崎東高校卒/東京理科大学中退)

516dfd0e.gif今でも、姉から言われた言葉が印象的に残っています。
夢見じみたことを言っていると馬鹿に見える。”“現実は甘くない。”“野球選手の中でもスター選手が一握りしかいない様に夢は叶わない。”
その言葉に私は打ちのめされました。

日本の大学生だった頃は勉強もせず、ただ毎日を漠然と過ごすいわゆる“とりあえず人生”を送っていました。
その頃の私は、夢という言葉とは全く無縁の生活を送っていた、
というよりもむしろ嫌いですらありました。
今考えると、どうせ元々夢を叶えられるような才能のある人だけが夢を口にするんだろ、という僻みだったのです。

私は先が見えない状態に病んでいました、いや、実は先は見えていたんです。とりあえず就職、とりあえず転職、とりあえずとりあえずとりあえず人生をだったんです。
それに対して僕は我慢できませんでした。
そんな時に、夢を持った人間が集まってくるNICと出会いました。そして、私は、いわゆる、某一流大学を辞めて、NICに入学することを決めました。


NICは私に夢を持つ大切さを教えてくれました。
NICの友達は夢という言葉に対して何の抵抗もありません。
夢が叶う保障もないのに、その夢に対して努力を惜しみません。
でも実は、そんな友達と話す度にプレッシャーを感じていました。
なぜなら、周りはすでに確固としたビジョンを持っていて、それに向かってすでに進み始めているのです。

しかし、一方で、私は何度友達に励まされてきたでしょうか?
私も夢を持たなくてはと、幾度となく再認識させられました。
そんな環境にいることができ、私は本当に幸せでした。

また、NICは私になんでも挑戦する勇気を与えてくれました。
NICに入った理由は、夢を持つこともそうですが、
一方で“自分が本当にやりたいこと”を探しにきたのです。
私は授業以外に色々なことに挑戦してきました。
私は幸運にもNICのCMに出演させていただきました。
事務局バイトもやってきました。そして、先輩とも色々なことも話しました。
未だに自分がやりたいことは決まっていませんが、それらは着実に夢への手がかりになっています。
それを探す喜びを感じていると同時に、私は今までになく幸せです。

今ここで、私はここにいる全ての人に感謝したい。
スタッフの皆さん、先生方、皆、ありがとうございます。
そして、もちろん、このような機会を与えてくれた両親へ、ありがとう。
皆さんのお陰で、私は自分自身のことをよりよく知ることができました。
そして、私はこう思えるようになったんです。
いつか、私の手で、というよりは、私達の手で世界をよりよく変えたい。

もし私が俳優になっても、建築家になっても、宇宙飛行士になってもその夢は変わらないでしょう。
しかし、一人では世界を変えられません。
しかし、もしそれが千人、一万人、百万人と、世界を変えたいと願う人間が増えたらどうでしょう?
必ず世界はよりよくなります。
それにはここにいるあなたがた一人一人の力が必要不可欠です。

そこで、一つ質問があります。具体的に、私達は何をすればいいのでしょう?
答えは簡単です。あなたのやりたいことをとことんやって下さい。
理想の形としては、もし、勉強を教えるのが好きでたまらない教師だけが学校にいるとしましょう?教育界はよりよくなります。
もし、人を救うことを生きがいとしている医者だけが病院にいたとしましょう?医学はよりよくなります。
それと同じで、政界、音楽界、スポーツ界、全ての分野がよりよくなるはずです。
私は、そんな人たちだけで構成された世界が理想だと思います。
だから皆には夢を諦めないで欲しいのです。
なぜなら、皆の夢の実現が私の夢そのものだからです。

私は夢を見すぎでしょうか?いや、そんなことはありません。
宇宙飛行士、建築士、俳優、女優、作家、ダンサー、シンガー、ホテルマネージャー、皆さんがやりたいことをなんでもやってください。
失敗を恐れずとことん突き進みましょう。
そして、私達は夢を実現し、結果的に世界をよりよく変えるのです。


英語によるスピーチ(全文)
I remember what my older sister told to me.
“Don’t be a dreamer, or you look stupid.” “The reality is severe.”
“You cannot achieve your dream just like very few baseball players can be successful out of thousands of other players.”
Those words shocked me very much as if I was stabbed by those words.

When I was a Japanese university student, I never studied and spent purposeless time, a “monotonous life.”
At that time, the word “dream” had nothing to do with my life,
and I even hated that word because I thought that only a genius or a talented person can actually talks about their dream.
Thinking back over that time, I probably just envy their ability.

At that time, I couldn’t see the future. No, I actually knew what my life was going to be like.
I would get a job for a while. I would change my job after a while, and I would retire my job eventually.
I hated that kind of life that was already set in front of me.
But suddenly, I found NIC, NIC where people had a dream.
So, I quitted one of the so called best Japanese universities and came here, NIC.

NIC taught me the importance of having a dream.
Since I came here, I discovered that a lot of students already had a dream.
Even though no one guaranteed their success, they made an effort to make their dreams come true.
However, the more I talked to them, the more I felt pressured because they already had their concrete vision of their dreams and already begun to prepare for it.

But at the same time, they gave me confidence.
I was forced to recognize that I needed to have a dream.
I have been really happy to be in that environment.

Also, NIC gave me courage to try anything I want.
The reason why I came here was not only because I wanted to find my dream, but also I wanted to find what kind of job I really want to do in the future.
I tried a lot of things outside of class.
I was fortunate to appear on a TV commercial for NIC.
I have worked at the office, and I talked with a lot of friends who already graduated from NIC.
Even though I am still looking for what I want to do in my future,
I am learning what fits me and what doesn’t fit me little by little through those experiences.
Therefore, I am really happy right now as I seek my profession.

That’s why I want to say thank you with all my heart to everyone at NIC, staff, teachers, students, and friends, and of course to my parents for giving me an opportunity.
All of you helped me to know myself better.
Thanks to you, I started to think I want to make the world better by my hand, or I should say we can make the world better by our hands.

Even if I become an actor, an architect, or an astronaut, this is my dream and it will not be changed.
However, I cannot do it alone,
but if there are a thousand, a hundred thousand, a million of people who desire to make the world better, the world will be changed, right? Therefore, all of you attending to this ceremony, I need your help.

Now, let me ask you a question. What exactly should we do to make the world better? The answer is very simple.
Do what you want to do.
Ideally speaking, if there are only teachers who love to teach, education will be better. If there are only doctors who love to help people, medicine will be better.
It is the same for politicians, artists, sport player, and any professions will be better.
I think that a world and a society made of people who do what they truly like is ideal. My dream is that you will succeed in your dreams, so please do not give up on your dreams.

Am I dreaming too much? I don’t think so.
Let’s have a dream.
Astronaut, architect, actor, actress, dancer, singer, writer, hotel manager. Whatever you want to do, just do it, and let’s just do it without thinking about fear or failure. And, we will make our dream come true and make the world better.



Posted by ktukjp at 10:21