April 30, 2009

21期生 NIC1年間の課程を終えて - それはそれは波のある一年だった

NIC_SakiTNIC21期生
立野 早紀さん
都立駒場高校出身
カリフォルニア州立シトラス・カレッジへ進学



私は二月のヘッドスタートからNICにきて、それはそれは波のある一年だったと思う。
ヘッドの間はなぜか真ん中のクラスにいて、悶々とただ授業を受けるしかなかったヘッドのときは成績はほとんどC以下だったと思うし、発言もうまくできない、TOFELも400点未満だった。
でも、周りの子はすごいやる気に満ちていて、発言や、プレゼンもすてきでだった。入学前はまたしくじったらどうしようとかも考えたけど、一番下のクラスって聞いたときに、やっぱりこれが今の力で、ここから精一杯やろうと思った。
その後は、勉強や他の活動で心身ともにぼろぼろになりながらも最後の卒業までたどり着いた。
卒業の日までは終わったことに対しての安心しかなかったし、辛かったことを涙とともに振りかえるだけだった。けれど、落ち着いてみると周りの友達の頑張りや期待してくれる人たちのお陰で、辛くても立ってられたと思う。これから先は辛いことでも楽しく抜けられるように、そして、その中でたくさん自分を高めて行きたい。


Posted by ktukjp at 17:24