May 01, 2009

21期生 NIC1年間の課程を終えて - 4年後、キラキラの笑顔でまたみんなに会えたらいいな。

NIC_ErinaNIC21期生
西 絵里奈さん
福岡県立田川高校出身
カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジへ進学


ちょうど一年半くらい前、NICを受験してから、私の留学への道がスタートしました。NICは私にとってとても大きな存在だったので、NICを卒業したということはまだ信じられないくらいです。

NICで過ごした一年間は本当にハードの一言。苦手な早起き、満員電車、そして何より信じられないくらいの宿題の量。ホワイトボードに次々と書かれていく宿題に毎回思わず、「おいおい…」とつっこみたくなりました。リサーチをしつつパソコンの前でうとうとしたり、「30分後起こして」と友達に頼み図書館の机で寝たり、大変大変と言いつつ、宿題が思った以上に早く終わった日や長期休暇で宿題が無いと、逆に何をしたらいいか分からなくなったりなど、NICに来てなかったら絶対経験してなかっただろうと思うことがいっぱいです。

NICで学んだことのなかで一番大きなことは、精一杯やること、手を抜かないこと。課題の期限が重なり手を抜いたディベート。それが原因でグレードが下がったときは、悔しくて涙がとまりませんでした。後悔したくないし、満足のいく結果を残したいので、「手を抜かないこと。」このことを忘れずに、これからの大学生活でも頑張りたいと思います。

卒業して少し経ち、あらためてNICでの一年間がどれだけ充実していたかに気づきました。

陰ながら支えてくれた家族、一緒に努力し笑ってくれた友達に感謝感謝です。本当にありがとう。これからまた想像もつかないことがいっぱいあるだろうけど、私らしく、とにかくやれるだけやってみようと思います。

そして4年後、キラキラの笑顔でまたみんなに会えたらいいな。

Posted by ktukjp at 14:36