May 01, 2009

21期生 NIC1年間の課程を終えて - こんな辛い1年を乗り切れたのはやはり友達のおかげ

NIC_ShoNIC21期生
大橋 聖さん
東京都和光高校出身
ネバダ州立大学リノ校へ進学


ふと、この一年間を振り返ってみると、自分はとても恵まれていたことに気づく。
まずは、お礼を言いたい。「ありがとう。」

この長いようで短い過酷なNICでの一年間で一度も休まず学校に来て勉強をひたすらできたのは、自分を支えてくれた友たちのおかげだと思っている。
NICの勉強は、みんなが口をそろえる様にはっきり言ってとても難しいし、そして辛い。
午前組の時は、新宿から家まで近いというのに6時に家を出ていたり、午後組みの時は、明け方3時くらいまで宿題を頑張っていたり・・・。
今考えると懐かしく思える。
こんな辛い1年を乗り切れたのはやはり友達のおかげ。

これから頑張る人たちへ。
今後、NICで生活をしていて、駄目だと思ったり、嫌になることもあると思います。
現に自分もそういう時期はあったので(笑)
友達は何者にも変えられないかけがえの無い財産である。
共に笑い、共に泣き、共に辛い経験をしてきた。
友達だけは大切にしてほしい。

Bonne Chance.

Posted by ktukjp at 14:44