May 01, 2009

21期生 NIC1年間の課程を終えて - 激動の日々

NIC_ManamiNIC21期生
小松 真奈実さん
高知県立高知西高校出身
ネバダ州立大学リノ校へ進学



この1年をまとめると激動の日々だった。

NIC生活においてまず始めに驚かされたのは膨大な宿題の量。いつもは優しくて相談に乗ってくれる先生がホワイトボードを宿題で書き埋める瞬間はまさに鬼としか言い表しようがなかった。

そんな中での1人暮らしを誰が予想できただろうか?もちろん、誰も思いもしなかっただろう。

このような苦境とも言える状況の中私がやってこれたのは、周りの人たちの支えだった。弱音を吐いたり、愚痴を言いにいく場所は決まって事務室だった。けど、そんな突然な訪問にも関わらず、常に笑顔で出迎えてくれ、一喝してくれたりしたスタッフ。そして、NICで出会った友達は、今までの中で最高の出会いだった。いつも苦労を共に乗り越えて、泣いたり笑ったりして、いつも時間を共有するのが心地よかった。友達が素敵過ぎるが故に、寮を出ることが辛くて辛くて、荷造りできないでいた時期もあった。

このような短い文章では書ききれないほど内容の濃かったこの1年。苦しくて泣いた日々も決して少なくはなかったけど、充実はしていたと、胸をはって言える。

NICでの生活は人生の中で色鮮やかになったと私は確信しています。

Posted by ktukjp at 16:14