May 11, 2009

21期生 NIC1年間の課程を終えて - NICで学んだこと。それは・・・

NIC_KayoNIC21期生
新長 佳容さん
東京都・江戸川女子高校出身
ネバダ州立サザンネバダ・カレッジへ進学


NICで学んだこと。それは私の場合、勉強や諦めない心や、やればできるの精神なんかじゃない。そんなことよりもっと大切で、もっと底辺にあるものを私は学んだ。それは周りいる、いてくれる人間の暖かさと、彼らが私に向けてくれる愛情だ。

私のNIC生活では何より3セメでアカデミックに進んだことが一番の節目だったと思う。こんなにもEAPの授業と英語力の差があるのか。EAP時代の先生方がどれだけ私たちに分かりやすい英語を使ってくれていたかがよく分かった。
みんなにおいてかれぬよう必死にしがみつきながらも、せめて自分で使うお金は自分でと続けてきたアルバイト。さらにそれに加え、他大学所属テニスサークルの副幹事長という役職上、週2回の練習や長期休暇中の合宿、週末のミーティングへのできる限りの参加。

自分でもよくやってこれたなと思う。その原動力とは何だったのだろう。
それこそ私の中の諦めない心ややればできる精神なんかではない。周りの人間の「支え」である。
家族、NICの友達、サークル仲間。私が彼らにどのようにどれくらい支えられたかなんて言葉には表せない。ただ、彼らの愛情に気づいたこと。これが私のNIC生活一番の収穫だった。
彼らには何度伝えても足りない言葉。ありがとう。

Posted by ktukjp at 13:30