May 28, 2009

UCB(カリフォルニア大学バークレー校)へ編入

NIC18期生 国分 剛志さん(福岡県・泰星高校出身)の
トップスクール編入ニュース


カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジ在学中の国分 剛志さんから
UCバークレー,UCLA,UCサンディエゴに合格し、
UCバークレー 中国語・政治学科への編入を決めたという報告が届きました。


<国分さんからのメッセージ>
こんにちは。NIC18期生の国分剛志です。晴れて高校二年生の時からのからの夢が叶いました。
今年の秋からUCBへ中国語と政治学部のダブルメジャーで進学することになりました。
今回UCB、UCLA,UCサンディエゴの三つに願書を出し、何とか全ての学校から合格の連絡を頂きました。当初はUCLAに行くと決め、カリフォルニア州にあるサンタモニカカレッジに進学したのですが、記念受験のつもりのUCBから合格を頂き、嬉しいという歓喜と同時に、UCLAかUCB、どちらに進学しようかという余計な悩みも出てきました。そんな時にNICに電話をかけ、染谷さんをはじめ、目黒さんにも頭の中にあったもやもやをぶちまけました。そしていただいた言葉が「チャレンジ」でした。UCLAに進学した方がかなり快適なのは間違いなかったのですが、「新たに新しい場所で色んな挑戦をしてやるわ」という気持ちにしていただきまたやたらと気合いが入り、UCBへの進学を決めました。

これからが本当にきつくなる時期です。そんな自分にご褒美で息抜きとして今年の夏日本に一時帰国し、ゆっくりしようと思います。

この第一ステップまでしっかりやっていけたのも、NICで培った色々なこと、NICスタッフの皆様、そしてもちろん家族のサポートあっての結果です。これから留学をする皆様、また多少でも海外に興味のある方は、是非海外で「チャレンジ」することをお薦めします。やればできます。やればですよ!やらんと何もできませんよ!!


Posted by ktukjp at 15:25