June 08, 2009

渡米まで、あと2日。胸を張って、自分の人生を、つくりあげていきたいと思います。

NIC_NatsukiNIC21期生 河野夏来さん
静岡県出身・高認


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジへ進学


今からちょうど2年前、高校2年生だった私は、高校を中退してNICに入ることを決めました。
進路を真剣に考えるようになって突然、大学留学したいという思いが生まれたのです。
NICをインターネットで見つけ、17歳で入学する方法があることを知りました。
まさにハイリスク・ハイリターンな決断で、当時は不安で一杯でした。

生まれ育った土地を離れての一人暮らし、日本語禁止の授業、そして毎日・毎週出される大量の課題・・・。
もちろん大変だったけど、「無理だ」と音をあげることは絶対にしませんでした。
自分の決断には自分で責任をもち、実りのあるものにしたい、という気持ちが大きかったためです。
最初はつらかったけれど、目の前のことに必死に取り組んでいくうちに、徐々に余裕が出てきました。
勉強も、サークルも、遊びも、仕事も、やりたいことは何でも挑戦して、気づいたら毎日が楽しくて仕方がありませんでした。

そして、この1年間を通して、今まで見えていなかった、様々なことに気づきました。
純粋に勉強することの楽しさ、英語で世界と通じ合う喜び、友達の素晴らしさ、自分自身の長所と短所、家族の愛情、出身地の魅力・・・
挙げていくときりがありません。NICに来る前と、修了した今とを比べると、世界がガラッと変わったような気がします。
でも多分それは、周りではなく、自分自身が大きく変わったということなんだと思います。
自分の内面の成長が、NIC生活での一番の成果だと思います。

先日、高校の同級生と久しぶりに会いました。
私がNICにいる間に彼女が高校で経験した事や、他の同級生の事を、本当に楽しそうに話してくれました。
本当なら、高校3年生として、一緒に過ごすはずだった時間。
その間に、私と彼女は、全く違う経験をし、全く違うものを得ている。
そのとき、改めて強く感じました。
自分の人生は、自分でつくっていくものだと。

渡米まで、あと2日。
胸を張って、自分の人生を、つくりあげていきたいと思います。


Posted by ktukjp at 15:35