July 14, 2009

「ザ・ライブセッション」 講師紹介 上村裕章さん

上村 裕章さん
星槎大学 共生科学科 科目等履修生/神戸医療福祉専門学校 精神保健福祉士科
パシフィック大学大学院 心理学部 応用行動分析学専攻 修士課程卒業
ネバダ州立大学リノ校 心理学(大学院準備課程)・人間発達&家庭学(副専攻)卒業 
神奈川県・逗子開成高校出身
行動・教育コンサルティング [BEC] エグゼクティブディレクター

<どのような生活を送っていますか?>
休日を返上して、障がいのある子どもたちとその親御さんのQOLを向上するため、行動セラピー、コンサルテーション、スクールシャドー、ワークショップ、講演会、独学等をしています。

<高校時代の夢は>
小児外科医になって世界中の子どもたちを救う事

<NIC時代の夢は>アメリカで医学部に進学し、小児外科医になって世界中の子どもたちを救う事

<どんな高校生でしたか?>
中学1年から始めた芸能活動を続けながら高校に通っていましたが、3年時は受験勉強に集中していました。男子校だったので「花」はありませんでしたが、友達とも仲良く、楽しく過ごせました。

<留学しようとしたきっかけは?>
アメリカで医学博士の学位をとり、世界中で活躍出来るドクターになりたいと思ったので。

<NICを選んだ理由は何ですか?>
家から通えて、1年で渡米出来るシステムと、英語を集中して勉強できる環境であるところに惹かれて選びました。

<NICの思い出>
英語で授業を受けれたことと友達との交流。

<NICで変わった事は何ですか?>
渡米後のアカデミック準備ができ、自信がついた。英語力が更に身に付いた。

<留学時代の苦労した事、挫折した事など教えて下さい>
大学時代:勉強、RA、クラブ、課題活動などとにかく毎日が忙しかったので睡眠時間があまりなかったこと。留学当時はコミュニケーションがうまくとれずに、自分の思いをストレートに表現出来なかったため、また意見がはっきりしないことが多く、授業中のグループワークやディスカッションの時間が苦痛だった。
大学院時代:勉強(かなりペースが早い!)もインターンの両立がかなり大変で、ここでも睡眠時間があまりなかった。

<奨学金はもらった事がありますか? 種類と金額を教えて下さい>
大学時代: IELC Scholarship&Grand-In-Aid Scholarship ($2,000/semester)
大学院時代: Graduate Assistantship (75% of tuition covered)

<留学中、アルバイトはしていましたか?>
大学時代はRA(Resident Assistant:寮のフロアーリーダー)を週20時間していました。
大学院時代は幼稚園や保育園、リージョナルセンター(地区センター)で行動コンサルタントインターン、心理学部クリニックでクリニックインターン、CRP(=Community Re-Entry Program)でコーディネーターとして週20時間していました。
またRA(=Research Assistant:教授や他の大学院生とともに研究をし、学会発表をするアシスタント)もしていました。

<留学中、クラブ活動・課外活動などしていましたか?>
大学時代:
 VIP (Volunteers in Progress)クラブに所属し、ボランティア活動を企画、参加
 St. Mary’s HospitalのERでボランティア。
 Psi Chi(Psychology Honor Society)に所属
 AED (Pre-Medicine Honor Society)に所属
RA (Research Assistant)としてプロジェクト研究に参加した。
RA (Resident Assistant)を3年間した。
 Fraternity (Delta Chi)に所属
学部生ティーチングアシスタント(パーソナライズシステムインストラクション(PSI)を 用いた約600人が受講している心理学入門クラスの個人チューターを担当。
 毎週のグループディスカッション、試験の復習、課題の評価など。)
行動トレーナーとして心理学部にある行動分析学プログラムに参加し、大人の発達障がいの方たちに様々なスキルを教えた。

<親御さんや高校教師から留学を反対されましたか?どんな風に説得しましたか?>
母親からは反対されましたが、1年間日本にいる間にしっかり勉強をして英語のスキルを身につけ、何かしらの形で結果を残すと約束し、説得しました。

<高校生へのメッセージ>
留学という貴重な経験によって、今あなたが持っているビジョンが更に広がり、スキルの向上に繋がります。
チャンスがあれば失敗するかもしれないということを恐れずに、何でもトライしてみてください。
成功/失敗、勝ち負けに関わらず、あなたの「トライ」で人生の経験値が上がり、Self-Esteemも高まり、自信がつきます。
今のあなたの行動が未来のあなたを創るのです。
JUST DO IT(やってみる)とMISSION POSSIBLE(可能になるさ)の精神でたくさんの事を体験し、楽しんでください。
一度きりの人生なのだから、楽しまないと損ですよ!


<ライブセッションに参加のNIC同窓生のプロフィール>

第3部 武道家がやさしく教える「可能性を最大限に引き出す方法」
      講師:北野利一 氏

第4部 卒業生・現役留学生と語る留学座談会・パネリスト

水島 剛さん(株式会社博報堂勤務・ボストン大学国際関係学部卒・石川県星陵高校出身・NIC第12期生)
西村 学さん(アウトバックステーキハウス六本木店総支配人・ネバダ州立大学ラスベガス校ホテル経営学部卒・栃木県佐野日大高校出身・NIC第10期生)
吉田美穂子さん(元・電通ニューヨーク勤務・株式会社テクノポート(自営業)・ネバダ州立大学ラスベガス校コミュニケーション学部卒・東京都立九段高校出身・NIC第3期生)
庄子麻那さん(ネバダ州立大学リノ校 インターナショナル・ビジネス学科在籍・千葉県渋谷教育学園幕張高校出身・NIC第18期生)
大庭絢也さん(カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)グローバルスタディ学部在籍・愛知県菊理高校出身・NIC第18期生)
根田れいみさん(国際基督教大学高校出身・NIC在校生第22期生)
塩津恵理佳さん(香川県立高松商業高校出身・NIC在校生第22期生)


Posted by ktukjp at 12:14