January 07, 2010

第10期生から「国立モスクワ音楽劇団バレエ」 NIC生特別料金のお知らせ

NIC_白鳥キョードー東京に勤務する第10期生 兵藤 哲史さん(カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校卒) 「国立モスクワ音楽劇団バレエ」のNIC生特別料金のお知らせです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

マーロン・ブロンドやアル・パチーノも習得した20世紀演劇界最高の功労者、
スタニスラフスキーの演技理論"スタニスラフスキー・システム"に基づく舞台で
名高い、国立モスクワ音楽劇場バレエ団。

3年ぶりの来日公演となる今回は、「オープニング・ガラ」でスタートし、
1941年の創立から30年間にわたり同劇場の芸術監督を務めた
ブルメイステルの遺した名作「白鳥の湖」と「エスメラルダ」を上演。

この劇場の歴史だけでなく世界のバレエ史上に衝撃を与えた
ブルメイステルの演出の魅力は演劇的という一言では言い尽くせない。
ストーリー展開の面白さと、踊る役者とも呼ばれるダンサーたちによる舞台は、
観るものすべての心を震わし、「エスメラルダ」の悲劇の結末と
「白鳥の湖」の幸せの結末に、観客は最後には放心状態必至。

2008年に新しく芸術監督に就任した元ボリショイ・バレエのトッププリンシパル、
セルゲイ・フィーリンが率い、専属オーケストラも含め総勢130名で来日する。
クラシック・バレエの美しさに新しい息吹を加えながら進化を遂げた、
舞踊スペクタクルをお見逃しなく。


【日程】 2010年4月13日(火)〜18日(日) [7回公演]
【会場】 Bunkamura オーチャードホール
【料金(税込・全席指定)】
  S席¥12,600  A席¥10,600  B席¥8,600  C席¥5,000
  S席¥12,600⇒ NIC生特別割引に
     (料金は、kyouhokai@nicuc.ac.jpにお問い合わせ下さい。)

<演目&日程>
 「オープニング・ガラ」 4月13日(火)19時
 「エスメラルダ」    4月14日(水)19時、4月15日(木)14時・19時
 「白鳥の湖」 4月17日(土)12時・17時30分、4月18日(日)12時

各公演、先着10名様まで

申込締切: 2月10日(水)
申込は、kyouhokai@nicuc.ac.jp まで

対象: NIC関連の方でしたら、NIC生特別料金が適用されます。



Posted by ktukjp at 15:45