February 01, 2010

<NIC第5期生より近況報告> グリーンカードを取得し、アメリカの国立公園でガイドとして活躍中!

グリーンカードを取得し、アメリカの国立公園でガイドとして活躍中のNIC第5期生 奈良岡正則さん(ユタ州立大学パーク&レクリエーション学科卒業、東奥義塾高等学校出身)からメッセージが届きました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

私が大学入学の年1992年は史上稀に見る競争率の激しい年でした。どんな大学にもそう簡単には入れなかったです。
高校2年生の時にカリフォルニア州で3週間ホームステイを経験し、いつかはアメリカに行って勉強してみたいという願望はありました。高校でも成績はそれ程良くなく、正直に言うと大学には入ることは諦めざるをえなかったです。
そんな時に出会ったのが、ネバタ州立大学日本校です。
どんな生徒に対してでも受け入れ態勢が良く整っていました。無事ネバタ州立大学日本校に入学する事ができ、新天地東京で新しい学生生活を送りました。
最初は成績が芳しくなかったですが、2学期の時に出あった彼女をきっかけに成績が尻上がりに向上して行きました。(その彼女は私の今の妻です)3学期の時に二人でユタの小さな短期大学に行く事に決め、渡米したのが1993年の6月のことです。
そこから16年間川の流れに乗って進んできました。特に先のことは考えず、その場その場を一生懸命やってきまて、あっという間の16年間でした。振り返ってみれば過去16年間、色々乗り越えてきました。学生中最愛の母が亡くなった時に、日本に一年間帰国し看病にあたりました。それでも留学を諦めず、学位をとりました。
今の会社に入り、会社就労中テロ後ビザの問題で日本で8ヶ月足止めを食い、そして極めつけはほぼ不可能に近い永住権への挑戦。常に逆境の中にいて、ハードルを乗り越えて来ました。

思い起こせば、アメリカに行った当初はアメリカの短期大学でさえ卒業する事は、視野には入れてなかったです。ただアメリカに行って英語を勉強し、アメリカの生活を経験してみたいと言う小さな冒険心しかなかったです。気が付いてみるとその場を無我夢中で精一杯頑張ることで、次の新しい道が開けていきました。

言い変えれば常に更なる新しいチャレンジに直面し、切り抜けて来ました。その最大のチャレンジはやはりグリーンカードを取ることでした。アメリカ人と結婚しない限りはそう誰でも取得するチャンスでさえも与えられません。たとえ与えられてとしても、莫大なお金と天文学的な時間がかかります。その上にテロ以降の移民法の厳格化と近年の不況のあおりをもろに受けて永住権取得は今では不可能に近い時代になってきました。
私は10年間で250万円の費用と10年間の月日を費やしました。それに加え多大な忍耐力も発揮しました。この数字からでも分かる様に、グリーンカードのチャンスを生かさない人も多いですし途中で諦めて日本に帰国してしまう人も少なくありません。
私自身も過去十年間何度か躊躇しましたが、最悪の場合は日本に帰って一からやり直そう、アメリカに住むことができなくても、それが人生の終わりでは無いからと常に自分に言い聞かせてきました。ビザで働いた10年間は苦難の連続でした。何せ働いている会社はビザ、永住権のスポンサーなので基本的に会社を変える事はできません。仕事上3分の1は出張又はツアーで家を空けていたし、経済的にも安定した仕事ではありません。このような苦難を乗り越えて物にした永住権なので、嬉しさは格別で正に自分で勝ち取った気分です。

私にしてみれば、青森の田舎の高校から始まりネバダ州立大学日本校を経てアメリカで忍耐と努力で成し遂げたグリーンカードです。私自信はアメリカンドリーム達成と自負しています。勿論これで終わりではありません。人生これから先は長いし次の目標があります。その目標に向かってこれからも更に向上心を持ち続けステップアップして行きたいです。

現在はソルトレイクシティとラスベガスを拠点に、アメリカ西部の国立公園のガイドを勤めています。
あまり知らない方も多いかもしれませんが、アメリカ国立公園はアメリカが誇る大自然の宝物です。有名なところでは、グランドキャ二オン国立公園、グレイシャー国立公園、イエローストーン国立公園があります。
私の担当している地域はアメリカ西部10州で25の国立公園と国立モニュメントです。ツアーの日数は4日から8日間で、ドライバー兼ガイドを勤める事が多いです。何せ日本では絶対見ることが出来ない、スケールの大きな大自然ばかりです。お客様は常に日本人は一度は見るべき景色だと、感激しております。
アメリカは自然保護の発祥地です。1872年に世界で初めて国立公園になったイエローストーン国立公園は未だに自然保護の模範になっています。国立公園の第一のアジェンダは自然に手をつけず、次世代に自然遺産を継承すると言うことです。世界遺産と言うのはアメリカの国立公園のアイディアがそのまま、世界遺産機構になったものです。

私は過去11年間アメリカが世界に誇る国立公園をお客様に案内してました。沢山の方の旅のお供をする事ができ、大変光栄に思います。これからもより沢山方に紹介して、心込めてガイドをしていきたいと思います。
皆さんも機会があったら、一度いらして下さい。その時は喜んで私がご案内致します。


<奈良岡正則さん・プロフィール>
1973年生まれ青森県弘前市出身。東奥義塾高等学校を卒業後1992年ネバタ州立大学日本校(現:NIC International College in Japan)入学。1993年ユタ州スノーカレッジ入学。1996年ユタ州立大学編入。1999年ユタ州立大学パーク&レクリエーション学科卒業。1999年ソルトレイクシティのウエスタンレジャー社入社。主にアメリカ西部10州の国立公園を巡る周遊型ツアーのガイドを勤める。2009年長年会社を通して申告してきた永住権(グリーンカード)を取得。現在はツアーガイドを勤める傍ら、企画と営業にも携わる。


Posted by ktukjp at 15:47