February 10, 2010

<NIC第16期生より後輩の皆さんへ>人間、時間があるからいい友人に出会えるわけでもないのです。

NIC第16期生 小川順慈さん(埼玉県立与野高等学校出身)より、
後輩の皆さんへのメッセージが届きました。

NIC第16期生 小川順慈さん
The University of Liverpool: Evolutionary Anthropology
イギリス国立リバプール大学 進化人類学卒業
勤務先: 株式会社日本翻訳センター

* 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 *

1)現在のお仕事、様子などを教えて下さい。

現在は翻訳会社に勤務中です。特許翻訳の管理などをやってます。
この不況のご時世ですが、結構忙しく働かせていただいています。

プライベートは休みの日は比較的取れてますが、特許の勉強もしなくてはならないため、
なかなか完全に羽を伸ばせる時間というのが取れていないですね。
少し余裕を持てるよう効率的に仕事もできたらとは思っているのですが。


2)NICにどんな思い出・思いがありますか。

とにかく上手くいかなくて、なんだかいつももがいていたような印象です。
成績も人間関係ももう一歩及ばないというか、そんな感じで。

ただ、当時の友人から連絡が来たりすると嬉しいですね。
今考えると苦しんでいても、自由な時間も結構あって恵まれていたと思います。


3)留学中はどんな風に過ごしていましたか?

渡英組だったのですが、今考えればファウンデーションの頃はまだ旅行気分。
大学入って一年目もなんだか暇があれば遊んで飲んで。
二年目から徐々に勉強が厳しくなり始め、
三年目には卒論でとにかく死ぬ目にあっていたように思います。

ただ、忙しくても毎日の生活や人間関係は2〜3年目のほうが充実していたように思います。
人間、時間があるからいい友人やいい良い異性に出会えるわけでもないのです。いやほんとに。


4)学生時代、何をしておけばよいと思いますか?

英語の勉強に関して言えば基礎的な練習が結局後になっても一番役に立ちます。
基礎単語のスペル、時制の一致、単純で初歩的な文章でも
相手に伝わるなら繰り返し練習してものにしたほうが確実です。
なんだが、じじいみたいなアドバイスですけど、
複雑な文章作ろうとするほど結果失敗が増えますから。

仕事になってからも結局この基礎部分でプロ意識の有無が分かれます。
レベルが高い翻訳は決して複雑な文章を書けることではないですから。

後、文法の中でもhave+過去分詞の完了形をよく分からないと敬遠しがちですが、
しっかり練習して覚えておくと会話も楽になります。(特にイギリス)
早いうちにネイティブの会話を真似してものにしてしまうとぐっと助かります。

まぁ、何が複雑で何が単純なのか分かるまで私も何年もかかりましたので、
いかんともしがたい部分もなきにしもあらずですが。


Posted by ktukjp at 14:09