April 19, 2010

<NIC1年を終えて>留学という大きな挑戦の前に、頑張り続けることの出来た自分を褒めてあげられるような一年間をNICで過ごすことができ、とても嬉しく思います。

NIC22期生 笹口 恵利衣さん
志学館高等部出身


ネバダ州立大学リノ校へ進学


NICでの一年間はあっという間であり、でも一日一日がとても充実したものでした。

入学前は毎日の勉強についていけるかなと不安なこともありましたが、なんとか課題をこなし、新しい友達と笑いあい、励ましあう日々が過ぎていきました。そんな毎日は大変ではありましたがそれ以上に楽しいと心から思えるものでした。

それはとても熱心で毎日楽しい授業をしてくれた先生方や、いつも笑顔で話しかけてくれたスタッフの方たちのおかげです。また、事務局バイトとして働いた経験も私にとってとても大きなものとなりました。お金を稼ぐことの大変さや仕事の責任の重さを学ぶ機会であっただけでなく、家族のように仲良くなったバイト仲間や担当スタッフとの忙しくも楽しい時間に何度も助けられました。人とのつながりの大切さや尊さを改めて感じました。

留学という大きな挑戦の前に、頑張り続けることの出来た自分を褒めてあげられるような一年間をNICで過ごすことができ、とても嬉しく思います。
NICでの経験をこれからの留学生活に生かし、精一杯楽しんできたいと思います。


Posted by ktukjp at 23:20