April 20, 2010

<NIC1年を終えて> 「ハードbut楽しい」を思い出しながら、これからも進み続けます!

kana1NIC22期生 大和 加奈さん
長野県立長野吉田高等学校出身


カリフォルニア州立シトラス・カレッジへ進学


表現の仕方はたくさんあるけれど、やっぱり私にとっての一番しっくりくるNICを表す一言は「ハードbut 楽しい」だと、今振り返って思います。

だらしなかった高校生活が一変して勉強漬けの毎日。いままでいかに自分が勉強してこなかったかに気付いて恥ずかしくなって、同時にNICでできた素敵な友達たちに負けたくないという強い想いができました。両親にわがまま言って入学したからには、なるべく親への負担を減らしたいとアルバイトも頑張りつつ…。想像以上のハードさに、諦めてばかりだった昔の私に戻りそうにもなったけれど、努力の結果1学期はオールAをとることができました。”勉強する”というサイクルが身についた2学期、3学期は一転してOuting、学生会でいっぱいでした。でもこの時間がTime Management、協力の大切さなど、勉強面ではない将来に役立つ経験をくれました。

一番大切なのは「どこで行動するか」じゃなくて「自分が何をするか」だと教えられたことがあるけれど、NICの1年間で、それでも”環境”は何かにむかって進んでいくときに重要な要素の一つだと感じました。頑張っている、支えてくれる人がいたからこそある今のあたし。

長い人生の中たった1年だけど、この経験と、出逢えた人、友達は一生ものの宝です。悩むことはたくさんあっても、頑張れば何かかわっていく。「ハードbut楽しい」を思い出しながら、これからも進み続けます!


kana2kana3

Posted by ktukjp at 00:50