April 20, 2010

<NIC1年を終えて>私にとってNICは夢の始まりの場所です。

NIC22期生 上田 梨恵子さん
田園調布雙葉高等学校出身


ネバダ州立サザンネバダ・カレッジへ進学


一年間のNIC生活は長かったようで本当にあっという間でした。

最初はヘッドスタートに参加して、その時点で宿題の多さとプレゼンテーションの緊張感に私はやっていけるかどうか心配になりました。しかし、実際にNIC生活がスタートするとそんな心配もできなくなる程忙しくなり、朝方まで勉強をし、授業に参加し、金曜日はダンスのサークル活動、そして週末はアルバイトというスケジュールをこなしていけるようになりました。

私は高校生の時はテスト前だけ集中して勉強をしていたので、こんなに自分は集中力が持続するものかと驚きました。

時にはリサーチペーパーやエッセイを書くのが辛くなった時もありましたが、友達もみんな頑張ってるんだって思うと私も気合いが入りました。また授業で発言が出来た時や先生に提出物を誉められたら時は時間をかけてよかったと自信にもなりました。今までで一番嬉しかったことは、TOEFLの点数が一気に50点も上がったことと、アカデミックの授業で私の大の苦手な理系の科目でいい成績を取れたことです。数学のテストで100点を取った時はメジャーを変えようかと悩んだくらい驚きました。

充実していたのは勉強だけではありません。アウティングに向けてサークルメンバーみんなでダンスを練習したことも思い出の一つです。みんな勉強で疲れているはずなのにダンスをしている時の顔は一番キラキラしていました。この一年間私はNICのおかげで成長することができました。

NICに来て本当によかったと思います。私にとってNICは夢の始まりの場所です。

Posted by ktukjp at 19:10