June 08, 2010

<NIC1年を終えて>「自分自身が大きく変わるのを実感した1年。」

NIC_HirokiNIC22期生 天田 博基さん
群馬県・東京農業大学第二高等学校出身


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジへ進学


 自分自身が大きく変わるのを実感した1年。
 もし私が全ての年に題をつけるとしたら、この1年はこのような名前になるでしょう。それほど、NICでの経験は私に大きな影響を与えたと思っています。

 高校時代に部活に熱中したために勉強をおろそかにした自分にとってNIC進学はある意味、逃げだったと思うことがありました。そして、海外経験がなく、はっきりした計画もなかったので、自分の決めた道は本当に正しかったのだろうかと思うことが多々ありました。
 しかし、NICでの生活が始まり、英語だけの慣れない授業の中いろいろな不安と焦りに悩まされながら、目の前のことをしっかりこなしていくことで少しずつその考えが変わっていく自分がいました。

 私に大きな変化をもたらすうえで特に影響したのがNICで出会った個性のあふれる人たちのおかげだと思っています。
 入学時には、将来は何にするかしっかり決まっていませんでした。しかし、NIC生は自分自身の夢をちゃんと言える人が多く、そして自分自身の好きなことに向かっていく姿勢に力をもらいました。なので、今の私ははっきりと自分の夢を言えます。これは、入学前の自分には信じられないことだったでしょう。

 最後に、私は1年間いろいろな目標を作ってやってきました。達成できた目標、できなかった目標とありますが、その小さな目標でも確実にクリアしようとする姿勢、それに向かって努力すること、諦めないことをNICで身につけたことができたと思っています。
 今後、海外に渡っても、ここで手に入れた多くの習慣、自信、夢を忘れずに精一杯努力していきたいと思います。




Posted by ktukjp at 12:25